横浜市青葉区の街情報(神奈川県)

項目別の平均点数

  • 子育て・教育
  • (50件)
  • 4.49
  • 電車・バスの便利さ
  • (64件)
  • 3.91
  • 車の便利さ
  • (22件)
  • 4.24

横浜市青葉区の住みやすさの採点分布

※住みやすさに関する評点は、単純平均ではなく当社独自の集計方法を加え算出しています。

住みやすさ

市区町村データは自治体の方針や統廃合などにより、データの取得や表示ができない地域があります。
データの詳細についてはデータ出典をご覧ください。情報の正確性は保証されませんので必ず事前にご確認の上、ご利用ください。

データ出典

<マップご利用上の注意事項>※必ずお読みください。 ・河川浸水、地震津波浸水、地震液状化リスクはこの想定通りに発生するとは限りません。あくまで可能性の一つであることをあらかじめご了承ください。
・この被害想定は、次に起こると考えられる地震・河川浸水リスクの発生確率や発生時期について予想したものではありません。
・本データは国の広域的な地震・津波対策の計画の策定、避難計画の検討および将来の防災技術の発展を目的としたデータであり、必ずしも各地域の地形や堤防の高さ等を正確に反映しているとは限らず、全て最新のデータが揃っているわけではありません。また表示の都合上、一部簡略化している部分があります。
・詳しくは、お住まいの地域の国土交通省河川事務所等や都道府県のホームページ等で公表されている浸水想定区域図や、市区町村から配布及びホームページ等で公表されているハザードマップにてご確認をお願いします。
参考)国土交通省 ハザードマップポータルサイト
・データにつきまして、ご利用者様の判断と責任での利用をお願いいたします。データの利用によりご利用者様又は第三者に生じた損害については、ご利用者様がその責任を負うものとし、当社では一切の責任を負いません。
<河川浸水想定区域データについて> ・河川浸水想定区域データは、国土交通省 国土政策局が平成24年に公開した国土数値情報(浸水想定区域データ)を掲載しています。
・河川により、浸水シミュレーションの前提となる計画降雨が異なります。
例:「30年に1回起こる大雨」「50年に1回起こる大雨」「80年に1回起こる大雨」
発生頻度は極めて低いものの、発生した場合の最大被害想定であることをご理解いただいたうえで、災害対策にお役立てください。
・河川により、浸水深の区分が異なり「5段階」と「7段階」の2種類がありますが、一律に「5段階」区分にて表示を行っております。
・データは、都道府県単位で提供しています。浸水想定区域が複数都道府県にまたがる場合がございますが、最大の被害を想定したため、どの地域も一律に被害想定が大きい方を表示しています。 
閉じる
<マップご利用上の注意事項>※必ずお読みください。 ・河川浸水、地震津波浸水、地震液状化リスクはこの想定通りに発生するとは限りません。あくまで可能性の一つであることをあらかじめご了承ください。
・この被害想定は、次に起こると考えられる地震・河川浸水リスクの発生確率や発生時期について予想したものではありません。
・本データは国の広域的な地震・津波対策の計画の策定、避難計画の検討および将来の防災技術の発展を目的としたデータであり、必ずしも各地域の地形や堤防の高さ等を正確に反映しているとは限らず、全て最新のデータが揃っているわけではありません。また表示の都合上、一部簡略化している部分があります。
・詳しくは、お住まいの地域の国土交通省河川事務所等や都道府県のホームページ等で公表されている浸水想定区域図や、市区町村から配布及びホームページ等で公表されているハザードマップにてご確認をお願いします。
参考)国土交通省 ハザードマップポータルサイト
・データにつきまして、ご利用者様の判断と責任での利用をお願いいたします。データの利用によりご利用者様又は第三者に生じた損害については、ご利用者様がその責任を負うものとし、当社では一切の責任を負いません。
<地震津波浸水リスクについて> ・地震津波浸水リスクは、内閣府南海トラフの巨大地震モデル検討会が平成24年8月に発表した浸水深リスクを掲載しています。
・地震津波浸水リスクの被害想定は、震源地により異なります。当社では震源地が駿河湾~紀伊半島沖となるモデルケースを採用しております。最大クラスの被害を想定したため、被害想定の制作にあたってはどの地域も一律に、地震発生から3分後に堤防が破堤する(堤防なしとする)条件で推計されています。
閉じる
<マップご利用上の注意事項>※必ずお読みください。 ・河川浸水、地震津波浸水、地震液状化リスクはこの想定通りに発生するとは限りません。あくまで可能性の一つであることをあらかじめご了承ください。
・この被害想定は、次に起こると考えられる地震・河川浸水リスクの発生確率や発生時期について予想したものではありません。
・本データは国の広域的な地震・津波対策の計画の策定、避難計画の検討および将来の防災技術の発展を目的としたデータであり、必ずしも各地域の地形や堤防の高さ等を正確に反映しているとは限らず、全て最新のデータが揃っているわけではありません。また表示の都合上、一部簡略化している部分があります。
・詳しくは、お住まいの地域の国土交通省河川事務所等や都道府県のホームページ等で公表されている浸水想定区域図や、市区町村から配布及びホームページ等で公表されているハザードマップにてご確認をお願いします。
参考)国土交通省 ハザードマップポータルサイト
・データにつきまして、ご利用者様の判断と責任での利用をお願いいたします。データの利用によりご利用者様又は第三者に生じた損害については、ご利用者様がその責任を負うものとし、当社では一切の責任を負いません。
<地震液状化リスクについて> ・地震液状化リスクは、内閣府南海トラフの巨大地震モデル検討会が平成24年8月に発表した液状化リスクを掲載しています。
・地震液状化リスクの被害想定は、内閣府が定めた基本ケースを採用しています。
・地震液状化リスクで表示しているスケールの色表示について
濃いグレー:液状化の可能性となる沖積砂質土が存在していないことを意味します。
薄いグレー:液状化の可能性となる沖積砂質土が存在しているが、解析の結果可能性がないことを意味します。
色の無い場所:中央防災会議防災対策推進検討会議の南海トラフ巨大地震対策検討ワーキンググループの報告書において、被害に関する記載がない場所を意味します。
閉じる
河川浸水想定区域データは、国土交通省または、都道府県が作成しており、地方自治体が公開しているデータとは前提条件やリスク表示が異なります。 必ず地方自治体が公開しているデータも併せてご確認ください。
参考)国土交通省 ハザードマップポータルサイト
地震津波浸水リスクは、内閣府が作成した駿河湾~紀伊半島沖を震源地とした南海トラフ巨大地震を想定しており、地方自治体が公開しているデータとは前提条件やリスク表示が異なります。必ず地方自治体が公開しているデータも併せてご確認ください。
参考)国土交通省 ハザードマップポータルサイト
地震液状化リスクは、内閣府が作成した駿河湾~紀伊半島沖を震源地とした南海トラフ巨大地震を想定しており、地方自治体が公開しているデータとは前提条件やリスク表示が異なります。必ず地方自治体が公開しているデータも併せてご確認ください。
参考)国土交通省 ハザードマップポータルサイト

横浜市青葉区の街データ

横浜市青葉区の家賃相場

間取り 家賃相場
横浜市青葉区の家賃相場
神奈川県の家賃相場
差額
1R 6.7万円
6.7万円
5.3万円
+1.4万円 物件を見る(307件)
1K - 1DK 6.7万円
6.7万円
6.0万円
+0.7万円 物件を見る(812件)
1LDK - 2DK 8.8万円
8.8万円
8.4万円
+0.4万円 物件を見る(597件)
2LDK - 3DK 12.0万円
12.0万円
10.5万円
+1.5万円 物件を見る(736件)
3LDK - 4DK 15.1万円
15.1万円
14.7万円
+0.4万円 物件を見る(343件)
4LDK以上 21.9万円
21.9万円
18.8万円
+3.1万円 物件を見る(70件)

※家賃相場のデータは「スマイティ」に登録されている賃貸物件の平均賃料を算出したものです。ただし物件数が5件未満の場合は「-」で表示しています。

※物件情報は常に更新されています。そのため、リンク先のページにおいて物件の数が異なったり、物件が表示されない場合があります。

横浜市青葉区の注目の駅ランキング

ランキング 住みやすさ 家賃相場

※家賃相場のデータは「スマイティ」に登録されている賃貸物件の平均賃料を算出したものです。ただし物件数が5件未満の場合は「-」で表示しています。

横浜市青葉区に関する推移データ

地価推移グラフ

  • :横浜市青葉区の平均
  • :神奈川の平均

人口推移グラフ

※統廃合があった地域は、グラフが正しく表示されない場合があります。

データ出典

子育て・医療に関するデータ

育児

妊娠出産祝い 【あり】出生祝いとして、申込み者に記念の苗木を贈呈。
通院 入院
乳幼児・子ども
医療費助成
対象年齢 小学校3年生まで(ただし、所得制限額未満世帯は中学校卒業まで) 小学校3年生まで(ただし、所得制限額未満世帯は中学校卒業まで)
自己負担 【自己負担あり】1歳~2歳は、所得制限以上の世帯で1回500円までの自己負担あり。小学校4年生~中学校3年生は、所得制限未満のみ助成対象で、その中でも市民税課税世帯は1回500円までの自己負担あり。院外薬局はすべて自己負担なし。 【自己負担あり】1歳~2歳は、所得制限以上の世帯で1回500円までの自己負担あり。小学校4年生~中学校3年生は、所得制限未満のみ助成対象で、その中でも市民税課税世帯は1回500円までの自己負担あり。院外薬局はすべて自己負担なし。 入院時食事療養費の標準負担額の自己負担あり。
所得制限 【所得制限あり】扶養親族等の数が0人の場合、所得制限限度額は540万円。以降1人増えるごとに38万円を加算した額。所得には一定の控除あり。さらに老人控除対象配偶者または老人扶養親族がいる場合は、1人につき6万円加算した額。0歳は所得制限なし。 【所得制限あり】扶養親族等の数が0人の場合、所得制限限度額は540万円。以降1人増えるごとに38万円を加算した額。所得には一定の控除あり。さらに老人控除対象配偶者または老人扶養親族がいる場合は、1人につき6万円加算した額。0歳は所得制限なし。

教育

医療・福祉

データ出典

新着街レビュー

  • 5
  • 20代 女性(未婚)
  • 住んでいた時期:
  • 1996年10月-2024年01月
良いところ 横浜にも渋谷にも電車一本で行くことができ、色々な場所へのアクセスが良いこと。 歩いていける距離に大…
悪いところ 坂が多いため、自転車での移動には向かないこと。 昔は畑も多かったが、住宅地に変わってしまい緑が減っ…
  • 2
  • 40代 男性(既婚)
  • 住んでいた時期:
  • 2011年09月-2023年12月
良いところ 高速のインターチェンジが近い。 246沿いなので、車での移動がしやすい。 電車で都内に出やすい。
悪いところ 青葉台にショッピングモールがあるが、建物が複数に分かれていて利用するにはとても不便。青葉台以外にいた…
  • 5
  • 30代 男性(未婚)
  • 住んでいた時期:
  • 2021年09月-2023年09月
良いところ 近隣の方は挨拶をしたら返してくれる気さくな方が多く、夜も車やバイクの騒音もほとんどないため過ごしやす…
悪いところ 車やバイクの騒音はあまりないですが、高低差が大きくて坂道や階段が多いため、スーパーなどで買い物した後…
  • 5
  • 20代 女性(未婚)
  • 住んでいた時期:
  • 2012年10月-2023年05月
良いところ 駅前に東急があり、衣服も飲食も困りません。書店もあります。休日に駅前に出かけるというのができる街です…
悪いところ 少し歩くと坂がある。 田園都市線なので遅延しがちです。 終点に近いとはいえ通勤ラッシュでは座れま…
  • 4
  • 50代 男性(既婚)
  • 住んでいた時期:
  • 2013年10月-2023年06月
良いところ 駅前の雰囲気はやや古い印象ですが、公園があり空が開けていて静かで他の青葉区内の駅にはないゆったりとし…
悪いところ 坂が多く平坦な道が殆どないため移動は徒歩か車がメインとなります。そのためさほど遠くもない距離の移動に…

人気グルメ

横浜市青葉区には1,074件のお店があります。
評点3.5以上が52件あります。

神奈川県の平均評点を上回るお店は314件あります。

横浜市青葉区で神奈川県の平均を上回るジャンル割合

  • ジャンル名
  • 平均評点を上回るお店
  • 割合
  • 最多価格帯
  • 1位ラーメン・つけ麺
  • 43件中、26件
  • 60%
  • ¥1,000~¥1,999
  • 2位洋食・西洋料理
  • 126件中、68件
  • 54%
  • ¥3,000~¥3,999
  • 3位パン・サンドイッチ
  • 67件中、36件
  • 54%
  • ~¥999
  • 4位中華料理
  • 39件中、17件
  • 44%
  • ¥3,000~¥3,999
  • 5位アジア・エスニック
  • 24件中、9件
  • 38%
  • ¥3,000~¥3,999

※食べログの2024年7月時点の掲載情報をもとにスマイティが独自に集計しています。

データ提供:食べログ

人気観光スポット

横浜市青葉区には52件の観光スポットがあります。

神奈川県の平均評点を上回る観光スポットは9件あります。

横浜市青葉区で神奈川県の平均を上回るジャンル割合

  • ジャンル
  • 平均評点を上回る観光スポット
  • 割合
  • 1位公園・植物園
  • 7件中、5件
  • 71%
  • 2位名所・史跡
  • 24件中、2件
  • 8%
  • 3位寺・神社
  • 13件中、1件
  • 8%

※フォートラベルの2024年7月時点の掲載情報をもとにスマイティが独自に集計しています。

データ提供:フォートラベル

横浜市青葉区の駅情報

横浜市青葉区について

横浜市青葉区は神奈川県の北東部に位置しています。区内には東急田園都市線・こどもの国線、横浜市営地下鉄ブルーラインが走っています。田園都市線を利用すれば、渋谷駅までダイレクトでアクセス。さらに東京メトロ半蔵門線とも相互乗り入れしているので、永田町駅や大手町駅などのビジネス街にも乗り換えなしで行くことができる、都内に通勤する方のベッドタウンとして人気の高いエリアです。路線バスも多く区内各所を走っており、地域の人々の生活の足として活用されています。
区内には住宅地が広がる駅が点在しますが、注目のエリアとしてメディアにもよく取り上げられるのが、たまプラーザ駅。駅前に整備された「たまプラーザテラス」は、さまざまなブランドショップが立ち並ぶ近隣のショッピングポイントとして幅広い年代層に利用されています。また青葉区は、慶応幼稚舎や森村学園などの学校関連・教育関連の施設も多く、子育てがしやすい環境としてファミリー層にも人気があります。

歴史

横浜市青葉区は、1994年に港北区と緑区の再編により誕生した比較的新しい区です。区の名前やマークは民間からの公募の中から選ばれ、緑の環境豊かな地域性が由来となっています。2005年には男性の平均寿命が全国1位となり話題となりました。

名所
  • もえぎ野公園 (ふれあい樹林)
  • 満願寺
  • 徳江いちご農園
  • 旗本石丸家歴代の墓所

横浜市青葉区の住まいを探す

ページトップへ