「マンション買取」なら、手間も時間もかからない!その特徴や依頼のコツをご紹介

  • 公開日:
  • 2019年11月05日
  • 更新日:
  • 2019年11月05日
「マンション買取」なら、手間も時間もかからない!その特徴や依頼のコツをご紹介
不動産会社とのこまめなやりとりに内見対応など、煩雑で時間も手間もかかりがちな、マンションの売却。相続や離婚など、手間をかけずに一刻も早い現金化が望まれる場合に選択されることが多いのが、スピード感が魅力の「買取」です。この記事では、様々な理由でマンションの迅速な売却を望まれる方に、「買取」ならではの特徴や留意点、買取を依頼する際のコツを詳しくご紹介します。

マンションを手放すなら仲介と買取それぞれの方法があります。
即時性を求めるなら買取という選択肢も。仲介と合わせて相談してみては?

マンションの一括査定依頼はこちらから

無料
  • STEP1都道府県

  • STEP2市区町村

無料査定スタート

1,300社の中から1番条件の良い不動産会社が見つかる!

  • 大成有楽不動産販売
  • 東京建物不動産販売
  • 住友林業ホームサービス
  • 住宅情報館
  • Century21
無料査定はお電話でも承ります。

※ページ下部の「売却査定サービスの注意点」をご確認いただいたうえ、ご利用ください。

目次

マンションの買取とは?

マンションの売却を検討するときに考えられる方法には、2つの方法があります。ひとつは、不動産会社に買主を探してもらう方法(仲介)、もうひとつは不動産会社や買取専門会社に買い取ってもらう方法(買取)です。

仲介との違い

仲介と買取は、何が違うのでしょうか?

仲介は、不動産会社が売り手・買い手の間に入って、不動産の売買を行います。つまり、仲介の場合、不動産会社は売買契約の当事者ではありません。一方、買取の場合、不動産会社、買取専門会社が不動産を買取った後、リフォーム・リノベーションを行って、再販売します。つまり、買取の場合、不動産会社および買取専門会社は、売買契約の当事者となります。

マンション買取の特徴

マンション買取の特徴について、簡単に整理しておきましょう。

現金化がはやい

仲介の場合、購入検討者を募り、物件紹介、内見、融資審査などを経て売買契約に至ります。一方、買取の場合、不動産会社および買取専門会社が買主となるため、買主を探す必要がなく、現金決済が可能な場合もあります。そのため、仲介よりも現金化がはやくなります。

瑕疵担保責任を負う必要がない

瑕疵担保責任は、買主が不動産業者である場合は免除されます。買取後、隠れた瑕疵が判明しても、売主は責任を負う必要はありません。

売却のタイミングをコントロールできる

仲介の場合、引渡し希望時期から逆算して売り出し時期を決めるなどの考慮が必要で、買主の都合もあるため、想定よりも引渡しや決済の時期がずれる可能性もあります。一方、買取の場合、売主都合である程度、売却のタイミングをコントロールできます。

周囲に知られることなくプライバシーが保てる

仲介の場合、居住中にも購入検討者が内見に来ることになり、売り出し中であることが広告宣伝されます。一方、買取の場合は周囲に知られること無く、不動産会社および買取専門会社と周囲に知られずに売却を進めることができます。

仲介手数料が無料

買取の場合、仲介と異なり不動産会社が売り手・買い手の間に入る仲介行為をしないため、仲介手数料が不要です。

リフォーム・修繕が不要

リフォーム・修繕を行って、売出すことを見込んで買取を行うため、売主が自らリフォーム・修繕を行うことは不要です。

築古・訳あり物件なども買取可能なことが多い

リフォーム・修繕を前提として買取を行うため、仲介では需要が低い築古・訳あり物件なども、不動産会社および買取専門会社が再販が見込めると判断すれば買取可能となることも多いでしょう。

ハウスクリーニングが不要

再販時にはハウスクリーニングを行うことも見込んでいるため、売主が自らハウスクリーニングを行うことは不要です。

銀行に住宅ローン残債の交渉をしてくれることも

売却後、住宅ローン残債が生じる場合、経験値や日ごろの銀行とのおつきあいを活かして、残債交渉をしてくれる可能性もあります。

マンション買取の留意点

不動産会社および買取専門会社にマンション買取をしてもらう上での、留意点について確認しておきましょう。

買取価格は、実勢価格の6~7割程度

前述したように、不動産会社および買取専門会社は、リフォーム・リノベーションを施して、再販する目的でマンション買取を行います。そのため、リフォーム等の費用や利益を計算に入れて買取を行うため、買取価格は実勢価格(相場価格)の6~7割程度となることは知っておきましょう。

買取がおすすめのマンションとは?

仲介による売却ではなく、買取による売却がおすすめなのは、どんなマンションなのでしょうか。

築年数の古いマンション

築年が15年を超えるような築古マンションは、間取りや設備など、現在のトレンドと異なったり、経年劣化が目立ったりするため、人気、需要ともに低い可能性があり、市場で売却しやすくするために、フルリフォーム等が必要になるケースもあります。とはいえ、フルリフォーム等を行ったから、必ず売却できるというわけではありません。そのような手間やリスクを不動産会社および買取専門会社にお任せして、買い取ってもらうというのも一案です。

事故物件

自殺などが起こった事故物件を売却するためには、特殊清掃や大掛かりなリフォームなどが必要です。また、告知義務があるため、事故物件でも購入したいという買主を探すのは非常に困難です。事故物件を専門に扱う不動産会社および買取専門会社もあります。一般的な市場で売却を考えるよりも、専門業者に買い取ってもらうことを考えたほうが、売却しやすいといえるでしょう。

かなり状態の悪い物件

しばらく利用していなかったマンション、個人の嗜好性が高いマンション等々、状態が悪い物件を売り出すためには、ごみ処理、大掛かりなリフォーム等が必要になります。しかし、必ずしも売却できるとは限らないため、そのような手間を不動産会社および買取専門会社にお任せして、買い取ってもらうことが適しているといえます。

買取をしてもらえない物件も

通常の売却が難しい物件向きといわれる「買取」ではありますが、立地条件や心理的瑕疵などの諸条件で稀に買取をしてもらえないこともあります。自分の所有するマンションについて懸念事項がある場合には、まず問い合わせてみるとよいでしょう。

買取制度の種別

買取は、その内容によって種別されます。それぞれの概要について、整理しておきましょう。

1.買取保証

買取保証は、当初仲介で売り出して、一定期間(通常は3か月)買主が現れなかった場合、不動産会社が査定価格の60‐90%などで買い取るという仕組みです。仲介で売り出す際には、不動産会社と専属専任媒介契約(売主が買主を自己発見することも、重ねて他の不動産会社に依頼することもNG)を締結して、販売活動を行うことになります。仲介で売り出したいが、売れなかったときの保険も準備しておきたいという方に向いています。

2.即時買取

仲介での売り出しをせず、不動産会社および買取専門会社が即時買取を行うものです。買取価格は実勢価格を下回りますが、マンションをスピーディに現金化したいという方に向いています。

3.不動産会社オリジナルの買取制度

その他にも、不動産会社および買取専門会社が、オリジナルの買取制度を設けている場合もあります。例えば、自社に買取保証の制度も設けながら、よりよい条件で買取をする不動産会社を探してくれるサービスを提供している会社があります。より高く買い取ってくれる不動産会社を探す手間を省くことができます。

また、提携企業と協力し、マンションをリフォームし、家具や小物を設置した上でモデルルームの様にしてから高値売却を目指して販売を行う会社もあります。その後、一定期間に売却ができなかった場合、「査定価格+リフォーム費用」で買取保証もつけているので安心です。その他にも、自社でマンションを買取後、売主と賃貸契約を締結し、最長2年間そのまま住み続けることができる買取サービスを提供している会社もあります。その期間に、ゆっくりと転居先や購入物件を探すことができます。この他にも、独自の買取サービスは様々あります。

買取を依頼するときのコツ

買取を依頼するときのコツについて、簡単に確認しておきましょう。

不動産会社・買取業者の選び方

売却同様、買取も不動産会社の選び方がとても重要になります。インターネットなどで情報を集め、マンションを専門に扱っている、あるいはマンション販売に実績のある会社を選び、査定依頼をしましょう。仲介で売出す際の査定結果は、あくまでも売り出し価格の目安であり、成約価格ではありません。そのため、高額査定に飛びつかず、その根拠や説明対応などで比較することが重要です。一方、買取の場合、査定価格は、イコール買取価格となるため、高値査定を提示した会社を選んだ方がよいということになります。

まとめ

マンションによっては、仲介で売り出すよりも、買取の方が適しているケースもあります。確かに、仲介の方が高値で売却できる可能性はありますが、売買契約が成立するまでにさらにマンションの状態や築年数などの条件が悪化することにもなりかねません。まずは、マンションの現在価値を客観的に把握することが大切です。不動産会社に査定依頼をする際に、仲介、買取どちらで売り出す方が適しているか、相談してみるのも良いでしょう。

マンションを手放すなら仲介と買取それぞれの方法があります。
即時性を求めるなら買取という選択肢も。仲介と合わせて相談してみては?

マンションの一括査定依頼はこちらから

無料
  • STEP1都道府県

  • STEP2市区町村

無料査定スタート

1,300社の中から1番条件の良い不動産会社が見つかる!

  • 大成有楽不動産販売
  • 東京建物不動産販売
  • 住友林業ホームサービス
  • 住宅情報館
  • Century21
無料査定はお電話でも承ります。

※ページ下部の「売却査定サービスの注意点」をご確認いただいたうえ、ご利用ください。

キムラ ミキ

監修キムラ ミキ

【資格】AFP/社会福祉士/宅地建物取引士/金融広報アドバイザー

日本社会事業大学 社会福祉学部にて福祉行政を学ぶ。
大学在学中にAFP(ファイナンシャルプランナー)、社会福祉士を取得。
大学卒業後、アメリカンファミリー保険会社での保険営業を経て、(マンションデベロッパー)にてマンション営業、マンション営業企画に携わった。
その後、2008年8月より独立し、現在、自社の代表を務める。

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。

売却査定サービスの注意点

不動産売却査定サービスについて

  • 株式会社カカクコムは、本サービス(売却査定サービス)でご入力いただいた情報を保有しておりません。個人情報を含む物件の売却査定の依頼データは、全て株式会社NTTデータ スマートソーシングが厳重に管理し、提携先である不動産会社に開示されます。

個人情報の取り扱いについて

  • 売却査定の依頼可能な企業数は、お住まいの地域やお客様の物件のタイプによって異なります。
  • お客様の売却の状態によっては査定ができない場合もございます。ご了承ください。
  • 売却査定サービスの提供は日本国内(一部離島等を除く)に限らせて頂きます。
  • 査定結果について、株式会社NTTデータ スマートソーシングの提携先各不動産会社から直接連絡をいたします。
  • 査定後の不動産の売却について、株式会社カカクコムおよび株式会社NTTデータ スマートソーシングは関与いたしません。
  • 売却査定サービスは、セキュリティを保つために情報を暗号化して送受信するSSL(Secure Sockets Layer)機能に対応しています。ご利用の際はSSL対応ブラウザをお使いください。
  • 売却査定サービスについてご不明な点がございましたら「HOME4U サービスに関するお問い合わせ」よりお問い合わせください。株式会社カカクコムではお答えできません。
売却査定サービスの注意点」をご確認のうえ、ご利用ください。