必ず把握しておきたい不動産売却にかかる費用

  • 公開日:
  • 2013年5月1日
  • 更新日:
  • 2018年5月28日
必ず把握しておきたい不動産売却にかかる費用
不動産売却にはさまざまな費用がかかります。不動産会社に支払う仲介手数料、ローン清算に伴う銀行へ支払う手数料、売却益が出た際に発生する税金などがあります。売却の価格によっては高額になる場合もありますので、それぞれ必要となる費用をあらかじめ把握しておきましょう。

不動産売却にはさまざまな費用が必要です。
売却時の手数料、売却後の税金等、事前に確認しておきましょう。

不動産の一括査定依頼はこちらから

無料
  • STEP1都道府県

  • STEP2市区町村

無料査定スタート

1,000社の中から1番条件の良い不動産会社が見つかる!

  • スターツピタットハウス株式会社
  • 住友林業ホームサービス
  • 近鉄不動産株式会社
  • 株式会社大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売
  • Century21

※ページ下部の「売却査定サービスの注意点」をご確認いただいたうえ、ご利用ください。

目次

不動産売却時にかかる費用

まずは、不動産売却時に必要な費用について紹介していきます。

仲介手数料

仲介手数料とは媒介報酬、仲介報酬と呼ばれることもありますが、不動産業者に支払う成功報酬です。 一般的に「売買価格×3%+6万円×消費税」として計算されます。成功報酬ですので、売買契約が成立した際に支払われます。売買価格が高値になるほど、額が大きくなります。

仲介手数料については、下記ページもあわせてご確認ください。
不動産の仲介手数料とは - 計算方法は?値引きはできる?

登記費

登記費は、住所や、土地の所有権を公示するためにかかる費用です。「表示登記」「所有権保存登記」「所有権移転登記」、そして、次の項でもお伝えしますが「抵当権の設定登記」などがあります。

抵当権抹消費用(該当者のみ)

抵当権抹消費用とは、金融機関に設定されている抵当権を抹消するために必要な手続きに関する費用です。抵当権は物件を購入する際、その物件を担保として金融機関に住宅ローンを組む時に設定されます。抵当権が残ったままでは物件の売却ができないため、住宅ローンの残債を支払い、抵当権の抹消をする必要があります。金額は2万円程度が一般的で、住所変更登記と抵当権抹消手続きをあわせて司法書士に依頼する際は、司法書士費用が別途かかることになります。

また、抵当権抹消時には、「登録免許税」も合わせて必要となります※税金の章で後述。

ローン返済費(該当者のみ)

住宅ローンが残っていても不動産売却を行うことは可能ですが、実際には完済しなければ売却することはできません。その為、ローン完済より前に売買することが決まった場合は一括返済を行わなければなりません(抵当権の抹消が必要)。住宅ローンを一括返済する際に金融機関により繰り上げ返済手数料がかかります。

ローン残債がある場合の不動産売却については下記ページもあわせてご確認ください。
ローンが残っていても不動産は売れる?

証明書発行費

大きな金額ではないですが、契約を結ぶ際にはさまざまな証明書の提出が必要です。「印鑑証明書」や「住民票」などの証明書を発行するにあたり、証明書発行費がかかります。

引越し費・処分費

現在住んでいる家を売却に出す場合は、引越し費用が必要となります。売却タイミングによっては、仮住まいが必要になる場合もあります。また、家具や家電製品を廃棄する際には処分費もかかってきます。

不動産売却時に必要な税金

不動産売却時に利益が出た場合は所得とみなされるため、税金を納める必要があります。印紙税や、所得税など一体どれくらいの課税になるのかを把握しておきましょう。

印紙税

不動産売却時に不動産売買契約書に、売買する金額に応じて印紙税が必要となります。印紙税の額は不動産売買契約書に記載されている金額によって異なります。

登録免許税

登録免許税とは、不動産の登記や住宅ローンの抵当権設定登記にかかる税金です。
税額は、「課税標準額」に対して所有権の保存登記は0.4%、所有権の移転登記は売買によるものが2%、相続によるものが0.4%、贈与によるものが2%となります。

消費税

不動産売却では、消費税が課税になるものとならないものがあり、建物には消費税がかかりますが、土地は非課税になります。

住民税・住民税

売却価格が購入時より上回り、利益が出た場合に発生する税金です。税金の対象額になるのは購入時と売却時の差額となります。

【補足】固定資産税(都市計画税)

「固定資産税」は固定資産に課税される税金で、「都市計画税」は市街化区域内の不動産にかかる税金です。毎年1月1日時点に登記簿に登録されている土地・家屋の所有者に納付通知書が送付されます。1月1日から12月31日の間に建物の持ち主が変更になっても、売主が納税することになります。

税金に関する詳細は下記ページもあわせてご確認ください。
不動産を売却したらどんな税金がいくらかかる?

その他(場合によりかかる経費)

不動産売却で、時と場合により追加で必要となる費用をご紹介いたします。

土地の場合

解体費

土地売却では、更地にして売却した方が活用方法に多様性が生まれるので、早めに売却される可能性が高まります。解体費は、古家を解体して更地にするためにかかる費用です。建物の大きさ、構造、隣接する道路、廃棄物の量によりかかる金額が大幅に異なるため、あらかじめ見積もりを詳細に依頼するようにしましょう。また、相場も地域によって異なります。

土地活用の詳細は下記ページもあわせてご確認ください。
土地売却にはどんな手続きが必要?注意点と3つのポイントをご紹介

測量費

土地売却では、隣接地との境界や権利関係をハッキリさせておくことが大切です。土地の境界に境界標が無い場合、土地家屋調査士に測量を依頼して境界標を設置します。その際の測量でかかる費用が測量費です。

マンション・一戸建ての場合

クリーニング費・リフォーム費用

マンションや一戸建てを売却する際、購入希望者はほとんどの場合、事前に物件の内覧を行います。見学時に受ける印象はとても重要なので、できる限りキレイな状態にしておきます。ご自身で掃除をしてキレイにできる箇所は問題ないのですが、排水周りやキッチン、換気扇周りはどうしても業者にお願いしないと落としきれない汚れがあります。その際の掃除にかかる費用として、ハウスクリーニング費が必要となる場合もあります。また、壁に穴が空いている、ドアノブが壊れている場合など、最低限の改修を行う際にリフォーム費がかかる可能性もありますので事前に確認しておきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

不動産売却時にかかる費用と税金をご紹介しました。土地、マンション、一戸建てと、物件種別によって異なります。売買価格によって変動する費用もあり、金額も大小さまざまです。事前にきちんと確認し、必要となる金額をしっかりと把握しておくことが大切ですね。

不動産売却にはさまざまな費用が必要です。
売却時の手数料、売却後の税金等、事前に確認しておきましょう。

不動産の一括査定依頼はこちらから

無料
  • STEP1都道府県

  • STEP2市区町村

無料査定スタート

1,000社の中から1番条件の良い不動産会社が見つかる!

  • スターツピタットハウス株式会社
  • 住友林業ホームサービス
  • 近鉄不動産株式会社
  • 株式会社大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売
  • Century21

※ページ下部の「売却査定サービスの注意点」をご確認いただいたうえ、ご利用ください。

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。

売却査定サービスの注意点

不動産売却査定サービスについて

  • 株式会社カカクコムは、本サービス(売却査定サービス)でご入力いただいた情報を保有しておりません。個人情報を含む物件の売却査定の依頼データは、全て株式会社NTTデータ スマートソーシングが厳重に管理し、提携先である不動産会社に開示されます。

個人情報の取り扱いについて

  • 売却査定の依頼可能な企業数は、お住まいの地域やお客様の物件のタイプによって異なります。
  • お客様の売却の状態によっては査定ができない場合もございます。ご了承ください。
  • 売却査定サービスの提供は日本国内(一部離島等を除く)に限らせて頂きます。
  • 査定結果について、株式会社NTTデータ スマートソーシングの提携先各不動産会社から直接連絡をいたします。
  • 査定後の不動産の売却について、株式会社カカクコムおよび株式会社NTTデータ スマートソーシングは関与いたしません。
  • 売却査定サービスは、セキュリティを保つために情報を暗号化して送受信するSSL(Secure Sockets Layer)機能に対応しています。ご利用の際はSSL対応ブラウザをお使いください。
  • 売却査定サービスについてご不明な点がございましたら「HOME4U サービスに関するお問い合わせ」よりお問い合わせください。株式会社カカクコムではお答えできません。