不動産の売却と購入のタイミング - 3つのパターンとメリット・デメリット

  • 公開日:
  • 2013年5月1日
  • 更新日:
  • 2018年5月28日
不動産の売却と購入のタイミング - 3つのパターンとメリット・デメリット
買い替え時の購入と売却のタイミングのパターンは、大きく3つに分類されます。それぞれにメリット・デメリットがあり、予算や期間など絶対に譲れないところと余裕を持てる部分を明確にし、タイミングを判断していくことが必要です。

不動産の一括査定依頼はこちらから

無料
  • STEP1都道府県

  • STEP2市区町村

無料査定スタート

1,000社の中から1番条件の良い不動産会社が見つかる!

  • スターツピタットハウス株式会社
  • 住友林業ホームサービス
  • 近鉄不動産株式会社
  • 株式会社大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売
  • Century21

※ページ下部の「売却査定サービスの注意点」をご確認いただいたうえ、ご利用ください。

目次

“買う”と“売る”のタイミングは、永遠のテーマ

自宅を買い換える場合、住んでいる家を売るのが先か、それとも新しい家を買うのが先かは、売主の事情などによってケースバイケースです。パターンは大きく3つに分かれます。

1.売りを先行させるパターン
2.買いを先行させるパターン
3.売りと買いを同時進行させるパターン

実際にはこの「売る」と「買う」のタイミングがなかなか難しく、まさに不動産の永遠のテーマと言えそうです。新たに土地を購入して建てる場合などは、建売とちがって設計や建築の期間を6か月程度は見なければならないので、できれば買いを先行させたいところです。新築マンションも、建築の1年以上前から販売を開始しているケースがあり、いい場所を確保したければ先に購入して建築を待つのが理想的です。

ところが、新しい家や土地・マンションを先に購入してしまうと、急いで現在の家を売らなければならないというリスクが生まれます。そうなると、どうしても売却価格を相場より安めに設定する必要が生まれます。「理想の家に住み替えられるなら、多少のことは目をつぶる」という心づもりであれば、買いを先行させるのも良いでしょう。 折衷案として、同時進行というやり方があります。この場合、理想の家が見つかる可能性と、買主が見つかる可能性の両方を期待できるので、気持ちの上では無理がないかも知れません。

「売り」を先にすると、資金繰りが明確になる

「まず自宅を売りに出して、売却価格がはっきりしてから新居を探したい」と考えるのは、とても堅実な選択です。自宅の住宅ローンが残っている場合なども、売り先行となるケースがほとんどです。

しかし、売りを先行させた場合は、自宅の引き渡しと住宅購入のタイミングが合わなければ、仮住まいをしなければなりません。引っ越し代・敷金・礼金・仲介手数料・家賃・備品購入費など、もろもろを合わせると100万円以上の出費になる可能性があり、新居の購入費用がその分マイナスになります。さらに、犬や猫などのペットを飼っているご家庭や、ピアノを演奏される方がいるご家庭などは、仮住まいで住める場所もかなり制限されます。もし仮住まいの可能性がある場合は、事前に予定している地域の賃貸情報をチェックしておくと良いでしょう。

理想の物件を見つけてから家を売ると、目的意識が明確になる

「先に理想の新居を見つけてから、自宅を売却したい」というのは、住みたい物件が明確になるという点でとても理想的です。漠然と自宅を売りに出すのとちがい、目的意識を持って売却に臨めるので、内覧や雑用などのわずらわしさも苦になりません。

ただし、実際に売りに出した際にいくらで売れるのか、本当に買手が付くのかという心配はあります。どうしても売れない場合は、購入を見合わせることを視野に入れる必要もあります。 不動産会社によっては「買い取り保証」をしている所もありますが、相場よりかなり安くなってしまいます。売却が決まってお金が入るまで、一時的にお金を借りる「つなぎ融資」を受けることも可能ですが、そのための利子がかかり、期間的な制限もあります。

買いを先行させる場合は、新居に住みたい気持ちばかりが優先して失敗をしないよう、よく考えてから実行しましょう。

「売りが先」のメリット・デメリット

メリット売り急ぐ必要がないので、高値で売却できる可能性が高い。
資金繰りをはっきりさせてから、無理なく新居の購入に臨める。
デメリット売却が決定してから新居に移るまで、仮住まいが必要となる。
新居が決まらない内に売却を進めるので、目的意識が薄い。

「買いが先」のメリット・デメリット

メリット住みたい新居がすでに決まっているので、目的意識がはっきりしている。
住むところが決まっていないという不安感がない。
デメリット短期間に自宅を売却しなければならないので、安値でたたかれる可能性がある。
売却がうまくいかない場合は、せっかく決めた新居をあきらめなければならない。

「売りと買い・同時進行」のメリット・デメリット

メリット新居を探しながら売却も進められるので、時間的なロスが少ない
デメリットどちらかが決定した直後から、売却(または購入)を急いで決定しなければならない。

あせりは禁物! 心から納得できる新居選びを

住宅の購入はほとんどの人が一生に一度、まさに人生最大のメインイベントです。それをあわてて選んでしまうと、数年後、数十年後に「やっぱりやめておけば良かった」ということにも成りかねません。いい物件が見つかるまでに、多少の時間やお金がかかったとしても、心から納得できる住まいを選ぶことが大切です。 家の買い換えをする際に、「これだけは気を付けたい」というポイントをピックアップしました。特に1番の“本当に気に入った物件を買う”という部分は、絶対にゆずれない物件探しの王道と言えるでしょう。

買い換えをするときに気を付けたい3つのポイント

1.たとえ時間がかかっても、本当に気に入った物件を買うこと(もちろん現実を踏まえた上で)。
2.売りを先行した場合は、数か月~1年の仮住まいを覚悟すること。
3.買いを先行した場合は、売却価格が低くなることを覚悟するか、場合によっては申し込んだ物件を解約することも視野に入れること。

不動産の一括査定依頼はこちらから

無料
  • STEP1都道府県

  • STEP2市区町村

無料査定スタート

1,000社の中から1番条件の良い不動産会社が見つかる!

  • スターツピタットハウス株式会社
  • 住友林業ホームサービス
  • 近鉄不動産株式会社
  • 株式会社大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売
  • Century21

※ページ下部の「売却査定サービスの注意点」をご確認いただいたうえ、ご利用ください。

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。

売却査定サービスの注意点

不動産売却査定サービスについて

  • 株式会社カカクコムは、本サービス(売却査定サービス)でご入力いただいた情報を保有しておりません。個人情報を含む物件の売却査定の依頼データは、全て株式会社NTTデータ スマートソーシングが厳重に管理し、提携先である不動産会社に開示されます。

個人情報の取り扱いについて

  • 売却査定の依頼可能な企業数は、お住まいの地域やお客様の物件のタイプによって異なります。
  • お客様の売却の状態によっては査定ができない場合もございます。ご了承ください。
  • 売却査定サービスの提供は日本国内(一部離島等を除く)に限らせて頂きます。
  • 査定結果について、株式会社NTTデータ スマートソーシングの提携先各不動産会社から直接連絡をいたします。
  • 査定後の不動産の売却について、株式会社カカクコムおよび株式会社NTTデータ スマートソーシングは関与いたしません。
  • 売却査定サービスは、セキュリティを保つために情報を暗号化して送受信するSSL(Secure Sockets Layer)機能に対応しています。ご利用の際はSSL対応ブラウザをお使いください。
  • 売却査定サービスについてご不明な点がございましたら「HOME4U サービスに関するお問い合わせ」よりお問い合わせください。株式会社カカクコムではお答えできません。