ペットがいるとマンションの売却額が下がる理由とは!?高く売るための工夫も説明します

  • 更新日:
  • 2021年11月22日
ペットがいるとマンションの売却額が下がる理由とは!?高く売るための工夫も説明します
マンション売却を検討しているけれど、飼っているペットの影響が気になるという方がいらっしゃるかもしれません。ペットによる傷や汚れ、臭いなどは、とくにペットを飼っていない購入検討者からマイナス要素としてとらえられ、場合によっては相場より売却額が低くなってしまう可能性もあります。この記事では、ペットを飼っていたマンションを売却したいと考える方に向けて、なぜペットを飼っていた物件だと売却金額が低くなる可能性があるのか、また、高く売却するための対策についてご紹介いたします。

ペットがいるとマンション売却額が下がる?
できるだけ高値で売却できるよう対策をおさえておきましょう!

不動産の一括査定依頼はこちらから

無料
  • STEP1都道府県

  • STEP2市区町村

無料査定スタート

1,800社の中から1番条件の良い不動産会社が見つかる!

  • 大成有楽不動産販売
  • 東京建物不動産販売
  • 住友林業ホームサービス
  • スターツピタットハウス株式会社
  • Century21
無料査定はお電話でも承ります。

※ページ下部の「売却査定、買取査定サービスの注意点」をご確認いただいたうえ、ご利用ください。

目次

ペットがいるとマンション売却額が下がるって本当?

マンションでペットを飼っていた場合、売却額が下がると言われるのはなぜでしょうか。その理由についてご説明いたします。

ペット可マンションの査定額が低くなる理由

ペットを飼っていたマンションの査定額が低くなる理由には、以下のようなものがあります。

【臭い】
理由の1つとして、ペット特有の臭いが挙げられます。飼い主はペットと毎日接して生活しているため、臭いに慣れてしまいあまり気付きません。しかし、こまめにペットのケアやお部屋の掃除、換気を心がけていても、ペットの臭いは壁紙などに染み付いているものです。そのため、日ごろペットと一緒に生活していない人にはすぐ気付かれてしまいます

【傷や汚れ】
ペットの種類にもよりますが、マンションのお部屋の中をペットが自由に走り回れる飼育環境であれば、フローリングに爪あとがあったり、壁紙に傷があったりするケースもあるでしょう。このようなペットによる傷や汚れは査定額に影響を及ぼします

【衛生面】
ペットを飼っていると、ブラッシングの際だけでなく、季節の変わり目などに多くの抜け毛が発生するものです。とくにアレルギーに敏感な購入検討者から敬遠される要因でもあります。こまめにカーペットクリーナーなどを使っても、お部屋の中にあるすべての抜け毛を取り除くのは難しいものです。また、散歩の際にノミやダニを連れて帰ってきてしまうこともあるでしょう。このような衛生面の理由からペットを飼っていた物件を避ける方もいるため、査定額に影響が生じます。

ペット可マンションとペット共生型マンションは別物!

ペットを飼ってもよいマンションには「ペット可マンション」と「ペット共生型マンション」がありますが、両者には次のような違いがあります。

【ペット可マンション】
管理規約でペットの飼育が認められているマンション。間取りや設備にペットと暮らすための特別な工夫はありません。

【ペット共生型マンション】
ペットと暮らすことを前提にしているマンション。ペットのための施設や設備(ペット用の足洗い場、ペット乗車サイン付エレベーター、汚物ダスト、シューターなど)が最初から備わっています。

ペット共生型マンションの場合はペット可マンションと異なり、購入検討者もペットと暮らす物件を探している可能性が高いため、ペットを飼っていても査定額に影響が生じにくいと言えます

ペットがいてもマンションの査定額を下げないための注意点

ペットを飼っていたマンションを、査定額を下げずに売却するためには、いかに「ペットを飼っていない購入検討者から敬遠されない物件にするか」という配慮が必要になります。マンション売却の検討段階になってから配慮するのではなく、日ごろから以下のようなポイントについて、こまめに対策を講じておくのが望ましいでしょう。

なお、以下のような対策を講じても、査定時にペットとの居住を継続している場合、マイナス要素を完全に取り除けない場合があります。費用は掛かりますが、売却完了まで一時的に仮住まいを用意するのも一案です。売却予定のマンションを空室にして、ホームクリーニングなどを施した後に実地査定を受けることで、査定額のマイナスを極力回避できる可能性もあります。

どのような対策を講じるにしても、マンションの価値を下げないために何が必要なのか、購入検討者の立場になって客観的に考えてみる姿勢を持ちましょう

臭いはないか

市販の消臭剤だけでは、ペット特有の臭いを完全に消し去ることは難しいかもしれません。飼い主は臭いに気付きにくいので、ペットを飼っていない第三者に臭いの確認をしてもらうとよいでしょう。臭いは壁紙などに染み付いている可能性もあるため、臭いの程度によっては専門業者による消臭施工や壁紙のリフォームを行う必要があるでしょう

傷はないか

ペットを飼っている方からすれば、多少の傷は問題ないと考えてしまうかもしれません。しかし、主観で判断するのではなく、実地査定の時などに客観的意見を聞き、必要に応じて壁紙やフローリングのリフォームも考えておきましょう。

汚れはないか

お部屋にペットの汚物などの汚れを残さないように、日ごろからトイレトレーニングを徹底するなど、飼育環境を清潔に保つように心がけましょう。ご自身の清掃で汚れを取りきれない場合には、専門業者にホームクリーニングの依頼をします

衛生面はどうか

ペットの抜け毛、汚物処理、ノミ・ダニ対策をこまめに行い、衛生環境を整えるように心がけましょう。とくに水回りは見落としがちなポイントです。ペットのシャンプーの際に出た抜け毛が排水口に詰まっている可能性もあります。定期的にパイプクリーナーなどを使った洗浄を心がけましょう

物件の印象を下げないための対策

ペットを飼っているマンションを売却する際、印象を下げないためにどのような点に留意すればよいかご説明いたします。なお、ペットを飼っていたことを隠しても、ペットを飼っていない人は臭いなどで敏感に察知するものです。中には、消臭施工やクリーニングをしたことによって、購入検討者に気付かれないということもあるかもしれません。

しかし、後々「ペットを飼っていた部屋だと知っていたら購入しなかった」といったクレームやトラブルの火種を作らないためにも、ペットを飼っていた物件であるということは隠さず伝えるようにしましょう

ペット飼育希望者をターゲットにする

ペットを飼いたいと思っている購入検討者は、ペットを飼っていた物件に対する抵抗感が少ないでしょう。当初から、広告などのターゲットをペット飼育希望者に絞るというのも一案です。

ペット飼育希望者には、ペットを飼育しやすい環境であることもあわせてアピールしたいものです。動物病院の有無や散歩コースなど、周辺環境についてもまとめておくとよいでしょう。とはいえ、いくらペット飼育希望者であっても、内見時に衛生面などへの配慮を欠けば、イメージダウンは否めないと留意しておくことが大切です

内見時はペット不在にする

内見時には、部屋を空室にしておくのが理想です。しかし、それが難しいケースもあるでしょう。少なくとも落ち着いて見学してもらうために、ペットはケージに入れたり、散歩に連れ出したりして、ペット不在にするという購入検討者への配慮を心がけましょう

清潔感のある物件を心がける

内見時の第一印象は重要です。購入検討者がお部屋に入った途端に、抜け毛、傷や汚れ、臭いなどが気になるような物件を「買いたい!」と考えるでしょうか。理想は空室内見ですが、それが難しい時には、清掃と消臭をできる限り行っておきましょう

ペット対策以外にマンションを高く早く売るコツ

不動産会社はどこも同じではありません。不動産会社ごとに、エリア、売却、賃貸、物件(マンション・一戸建てなど)といった得意・不得意が必ずあります。所有するマンションがあるエリアにおいて、マンション売却が得意な不動産会社を探すために、複数の不動産会社に査定依頼を行ってみましょう。その際、査定金額だけに注目してはいけません。「査定結果とその根拠について、ていねいにわかりやすく説明してくれる不動産会社はどこか?」という視点で、パートナーとする不動産会社を選びましょう。

とはいえ、不動産会社に1社ずつ査定依頼をするのは手間がかかるものです。一括して複数の不動産会社に査定依頼ができるサイトを活用して、効率的にマンション売却を進めていくことをおすすめします。

まとめ

飼い主にとっては家族同様のペット。しかし、マンション売却においては、ペットを飼っていたという事実はマイナスに働くことがあります。なぜなら、今回の記事で触れた理由により、ペットを飼っていた物件を好まない方もいるからです。

ペットを飼っていたマンションを売却する際には、一般的なマンション売却以上にターゲット戦略や、消臭・修繕・リフォームなどの事前対策が求められます。だからこそ、ペットを飼っていたマンションをより高く、より早く売却するためには、的確なアドバイスをもらえて信頼できるパートナー選びが肝要なのです。そのパートナーとなる不動産会社とともに、ペットの飼い主としての視点だけでなく客観的視点を大切にしながら、マンション売却を進めていくことをおすすめします。

ペットがいるとマンション売却額が下がる?
できるだけ高値で売却できるよう対策をおさえておきましょう!

不動産の一括査定依頼はこちらから

無料
  • STEP1都道府県

  • STEP2市区町村

無料査定スタート

1,800社の中から1番条件の良い不動産会社が見つかる!

  • 大成有楽不動産販売
  • 東京建物不動産販売
  • 住友林業ホームサービス
  • スターツピタットハウス株式会社
  • Century21
無料査定はお電話でも承ります。

※ページ下部の「売却査定、買取査定サービスの注意点」をご確認いただいたうえ、ご利用ください。

キムラ ミキ

監修キムラ ミキ

【資格】AFP/社会福祉士/宅地建物取引士/金融広報アドバイザー

日本社会事業大学 社会福祉学部にて福祉行政を学ぶ。
大学在学中にAFP(ファイナンシャルプランナー)、社会福祉士を取得。
大学卒業後、アメリカンファミリー保険会社での保険営業を経て、(マンションデベロッパー)にてマンション営業、マンション営業企画に携わった。
その後、2008年8月より独立し、現在、自社の代表を務める。

●紹介されている情報は執筆当時のものであり、掲載後の法改正などにより内容が変更される場合があります。情報の正確性・最新性・完全性についてはご自身でご確認ください。
●また、具体的なご相談事項については、各種の専門家(税理士、司法書士、弁護士等)や関係当局に個別にお問合わせください。

売却査定、買取査定サービスの注意点

  • リンク先の売却査定/買取査定サービス(以下「提携先サービス」という)は、当社提携先の以下各社が適用するサービスとなります。

売却査定:株式会社NTTデータ スマートソーシング

買取査定:株式会社リビン・テクノロジーズ

提携先サービスについて

  • 株式会社カカクコムは、提携先サービスでご入力いただいた情報を保有しておりません。個人情報を含む査定依頼データは、全て提携先が厳重に管理し、同社から不動産会社に開示されます。提携先・不動産会社での個人情報等の取扱いに関しては、各社のプライバシーポリシー等をご確認ください。

個人情報の取り扱いについて

  • 査定依頼可能な企業数は、お住まいの地域やお客様の物件のタイプによって異なります。
  • お客様の物件の状態によっては査定ができない場合もございます。ご了承ください。
  • 提携先サービスの提供は日本国内(一部離島等を除く)に限らせて頂きます。
  • 査定結果について、提携先の各不動産会社から直接連絡をいたします。
  • 査定後の不動産の売却、買取について、株式会社カカクコムおよび提携先は関与いたしません。
  • 提携先サービスは、セキュリティを保つために情報を暗号化して送受信するSSL(Secure Sockets Layer)機能に対応しています。ご利用の際はSSL対応ブラウザをお使いください。
  • 提携先サービスについてご不明な点がございましたら以下よりお問い合わせください。株式会社カカクコムではお答えできません。

売却査定:「HOME4U サービスに関するお問い合わせ」

買取査定:「リビンマッチ サービスに関するお問い合わせ(0120-935-565)」

カテゴリから探す

記事で解決!不動産売却のアレコレ

答えが気になったら、記事をクリック!

売却査定サービスの注意点」をご確認のうえ、ご利用ください。