アパート経営におけるアパート建築費ってどれくらい?費用相場や利回りの知識を解説

  • 更新日:
  • 2021年10月06日
アパート経営におけるアパート建築費ってどれくらい?費用相場や利回りの知識を解説
土地活用のひとつであるアパート経営を検討しているなら、賃貸アパートの建築にはどれくらい費用がかかって、どれくらいの期間で回収ができるのか気になりますよね。アパート経営は建築費用をしっかり把握したうえで、収支計画を立てていくことが重要です。この記事では、すでに土地を持っており、具体的にアパート経営を考えている方に、アパート一棟を建てるときの建築費、建築費に含まれているものについて、利回りの基礎知識などを交えてご紹介していきます。

建築後の収支計画や賃貸管理計画も視野に入れて
適正な建築費でアパート経営をスタートしましょう。

アパート経営プラン一括請求はこちら

無料
  • STEP1活用予定の都道府県を選択

  • STEP2土地の有無を選択

無料プラン請求スタート

安心の提携企業がさまざまな土地活用プランをご提案致します

  • 三井ホーム
  • SEKISUI HOUSE
  • 大東建託
  • 住友林業
  • Panasonic Homes
  • トヨタホーム東京株式会社
  • セキスイハイム
  • ミサワホーム
  • AsahiKASEI
  • 住友不動産
無料プラン請求査定はお電話でも承ります。

※ページ下部の「土地活用プラン請求サービスの注意点」をご確認いただいたうえ、ご利用ください。

目次

アパート経営に欠かせない、建設費用の把握

アパート経営は数ある土地活用の中でもメジャーな活用法と言えますが、アパート経営を始めるにあたり、知りたいことのひとつとしてアパートの建築費が挙げられます。本記事は、アパートの建築費や利回りの考え方について紹介するものですが、まずはそもそもアパート経営とはどんなものなのかについてお伝えしたいと思います。

アパート経営とは

アパート経営は1棟のアパートを所有し、各居室の入居者と賃貸借契約を結び、家賃収入を得るというものです。投資として考えると、株式投資など他の投資では手元にまとまった現金がないと大きな利益を出しづらいのに対し、アパート経営ではアパートを担保に金融機関からお金を借りることができるため、少ない元手でも始めることができるのが特徴です。

また、アパート経営では基本的に土地と建物を丸ごと所有するため、将来的に少なくとも土地という資産を手元に残すことができます。さらに、土地のまま所有しているよりも相続税を節税することができる点も、メリットの1つと言えるでしょう。

建築費はしっかりと比較検討すべき費用

比較的少ない初期投資で始められるとはいっても、アパート経営は一般的にアパートローンを組んで始めることが多く、ローンを借りた場合は家賃収入から毎月の返済額を差し引いた額が利益となります。ローンは当然のことながら、いくら借りたかで毎月の返済額が変わるため、どのくらい借りる必要があるのか=アパート建築にはいくらかかるかについてよく理解しておく必要があります。

アパートの建築費は構造やグレード、建てる地域によって変動します。一度建てたら数十年は経営していくことになるので、しっかりと比較検討し、自分の思い描くアパート経営にふさわしい建物を建築できるようにしましょう。

アパート建築費用の相場はどれくらい?

ではアパートを建設して土地活用をしていくにあたって、建築費用の総額がいくらになるのか、またどれくらいの額が妥当なのかがわからないという方もいらっしゃることでしょう。

アパートの建築費については、建てる建物が何坪か、つまり、どのくらいの大きさの建物を建てるのか、木造や鉄骨造、鉄筋コンクリート造(以下、RC造)など、どんな構造で建てるかによって費用相場が変わります。それではアパートの建築費の概算の求め方について詳しく見ていきましょう。

建築費用の概算は「坪単価×延床面積」

建物の建築においては何坪でどのくらいの価格かを表すために、「坪単価」がよく使われます。坪単価とは建築費を延べ床面積で割った数値で、一坪当たりの建築費のことをいいます。建築費用の概算は「坪単価×延べ床面積」の計算方法で算出できます。たとえば、坪単価50万円100坪のアパートを建てた場合の建築費用は5,000万円になります。

延床面積は、土地の建ぺい率・容積率によって大きく変化します。土地活用を考えている土地の用途地域を確認し、どれぐらいの規模の建物にするのかイメージすることが先決です。

坪単価を決める要素とは

アパート建築の坪単価は構造・間取り・規模・階数はもとより、仕様地域によってもかなり左右されます。建物の形状も複雑にすればするほど坪単価はアップしますが、たとえ費用がかかっても収益性が上がる方がメリットになる場合もあるので、比較検討が必要です。坪単価だけにこだわりすぎると、入居者ニーズに合わないアパートを建ててしまうことになりかねないので、どんなターゲットに向けて建てるアパートなのかを綿密に計画していきましょう。

構造による相場価格の違い

建物の構造には、木造鉄骨造RC造などがあります。気になるのは構造ごとの価格相場の違いです。以下の坪単価を参考にしてください。
木造:坪70~100万円
鉄骨造:坪80~120万円
鉄筋コンクリート造:坪90~120万円
坪単価にかなりの幅があるのは、外装・内装の仕上げや設備によって差が出るためです。低層アパートの躯体としては木造もしくは鉄骨造が適していますが、一概にどちらが優れているとは言い切れません。木造に比べて鉄骨造は坪単価が高く、建築などの初期費用が多くかかったとしても、法定耐用年数は鉄骨造のほうが長く、ローンの返済期間を長期にとれるためキャッシュフローが良くなる場合もあります。

アパート経営の目的に合わせて、どれくらいの規模のアパートを建てたいのか、どんな土地に建てるのか、で絞っていくのが良いでしょう。構造の選び方については以下の記事で詳しく解説しています。

法定耐用年数とは

法定耐用年数とは、税金を徴収するために定められたもので、賃貸用の住宅では木造が22年鉄骨造が34年RC造が47年とされています。そして、融資を受ける際には基本的には法定耐用年数を過ぎないように借入年数を決める必要があります。将来売却することも視野に入れて、構造ごとの法定耐用年数についてはよく理解しておくようにしましょう。

アパート建築費用の内訳

アパートの建築費用の構成要素について詳しく見ていきましょう。

建築工事費の内訳

建築費を大まかに分類すると本体工事費付帯工事費その他の諸費用の3つに分類することができます。先に述べた、「坪単価×延床面積」で求めた建築費というのは本体工事費のみを指すことが多いのです。本体工事費と付帯工事費を合わせて建築工事費、建築工事費に諸費用を加えたものが総工事費となります。
総工事費=本体工事費(延べ床×坪単価)+付帯工事費(約20%)+諸費用
付帯工事費は別途工事費とも呼ばれ、建設設備に関わる工事費を指します。建設設備については、建築基準法第2条第3号の建設設備の定義によるもの、とされており、条文では電気やガス、給排水、暖冷房、消火、排煙、汚物処理の設備や煙突、昇降機、避雷針などと定義されています。建築工事費の約20%程度で見積もると良いと言われますが、敷地の事情により大きく異なる費用となります。

諸費用とは

アパート建築に際して、工事費とは別に、税金や確認申請の手数料、印紙代、ローン手数料、司法書士報酬など自己資金で支払わなければならない費用があります。全体費用の1割程度と見積もり、用意しておく必要があります。

設計費について

アパートの建設に関わる設計料は、工事発注方式によって負担が異なります。大手ハウスメーカーでは社内に一級建築士がいて設計と施工を一手に引き受ける「設計施工一貫方式」を取っています。およそ工事費の1~3%が設計料となり、設計事務所に発注する設計施工分離方式より圧倒的に費用が安くなります。

対して、施工は工務店、設計は設計士などの別会社に発注する「設計施工分離方式」の場合、設計監理料は工事に対して7~8%が目安となります。

建築費は利回りに影響する

費用について理解したら、次は利回りについても知っておきましょう。

利回りとは

利回りとは、かけた費用に対して一定期間の間でどのくらいのお金が返ってくるかを示すものです。一般的に利回りと言うと1年間の利回りである年間利回りを指します。つまり、5,000万円かけて購入したアパートが1年間で500万円の収益を生み出すのであれば500万円÷5,000万円で年間利回りは10%となります。

利回りの種類

アパート経営において、利回りには以下の3つの種類があります。これらの違いを把握しておくことが大切です。

1.表面利回り
2.実質利回り
3.想定利回り

1.表面利回り

表面利回りは「とりあえず計算する」のに便利な利回りで、以下の計算式を用いて計算します。

表面利回り=年間収入÷購入価格

上記式を見て分かるとおり、表面利回りの計算に用いる年間収入や購入価格は「表面上のデータ」だけでパッと計算することができます。

2.実質利回り

実質利回りは、表面利回りに年間支出の要素を加えた利回りで、実際に購入や新築を検討するのであれば必ず実質利回りを計算しましょう。実質利回りの計算式は以下のとおりです。

実質利回り=(年間収入-年間支出)÷購入価格

年間支出には固定資産税や火災保険料、修繕費用などさまざまなものがあります。固定資産税や火災保険料などは条件が分かれば算出することもできますが、修繕費用などはアパートの状況によりどの程度かかるかが異なります。そのため、精度の高い計算をするには知識や経験が必要です。

3.想定利回り

想定利回りは計算式自体が表面利回りと変わりません。

想定利回り=年間収入÷購入価格

この計算では、一般的には満室経営が想定されます。つまり、一番大きく収益を得られる場合の利回りはいくらか、という計算です。表面利回りや実質利回りとの違いを把握した上で想定利回りを計算するのは大切なことでもありますが、何も知らずに想定利回りだけでアパート経営の計画を進めると失敗する可能性は高くなるでしょう。

想定利回りが10%あると思ったのに、実際の利回りである実質利回りは5%程度しかなかった場合、5,000万円のアパートであれば年間の収益が500万円あることを想定していたのに、250万円しかないということになります。こうした過ちは犯さないようにしましょう。

アパート経営の収支計画

アパート経営における平均的な利回りは、地域や景気によって異なります。2018年現在であれば、都心であれば表面利回り5〜6%程度、地方中核都市で7〜8%程度、地方の郊外で8〜9%程度といったところでしょうか。

なお、上記は中古アパートを購入したときの利回りなので、土地活用のひとつとしてアパート経営を考えているのであれば、土地代金が不要となるためもう少し利回りは高くなるでしょう。

アパート経営では表面利回りや想定利回りより実質利回り、つまり年間の支出についても把握することが大切ですが、そのことを分かりやすくするために、数年間の収支シミュレーションを立てることをオススメします。

収支シミュレーションを試してみよう

以下に、収支シミュレーションの例を掲載します。
1年目2年目3年目4年目
収入家賃75万円75万円75万円75万円
駐車場賃料4.5万円4.5万円4.5万円4.5万円
自動販売機0.5万円0.5万円0.5万円0.5万円
礼金10万円000
収入合計/月90万円80万円80万円80万円
支出固定資産税3万円3万円3万円3万円
共益費0.5万円0.5万円0.5万円0.5万円
修繕費3万円3万円3万円3万円
管理手数料4.5万円4.5万円4.5万円4.5万円
ローン返済額30万円30万円30万円30万円
その他25万円000
支出合計/月66万円41万円41万円41万円
収支月間収支24万円39万円39万円39万円
年間収支288万円468万円468万円468万円
収支累計288万円756万円1,224万円1,692万円
上記事例では、月間の家賃収入合計が75万円、駐車場賃料や自動販売機による収入が5万円で家賃と合わせると80万円なので、年間では960万円の収入が見込める物件となります。

このときの家賃を満室時の家賃にするのか、2〜3室空室があるときの家賃にするかは 状況に応じて変えるとよいでしょう。上記事例で、1部屋の家賃が7.5万円×10室だった場合で考えると、2年目以降の支出合計は41万円となっているため、5室以上空室になると7.5万円×5室=37.5万円で支出より少なくなってしまうと判断することができます。

収支シミュレシーションはこのように活用するとよいでしょう。なお、実際にはアパート経営で利益が出ると不動産所得として税金を納める必要があるため、手元に残るお金はもう少し少なくなります。

坪単価や表面利回りに惑わされるべからず!

どんなアパートをどれくらいの予算で建てて、どう収益をあげていくかを検討することは、アパート経営への第一歩となります。検討の段階で数字の比較は不可欠ですが、坪単価や表面利回りにフォーカスしすぎるのも得策ではありません。建築プランを立てていくうえで重視すべきポイントを念頭に置いて、建築会社との打ち合わせに臨みましょう。

常時満室を目指して強みのあるアパートを建てよう

アパート経営は入居者から家賃を得て収入を得るため、空室が出るとそれだけ収入が少なくなってしまいます。また、購入時にローンを組んで購入していると毎月ローンの返済の必要が生じますが、空室が複数室出てくると、どこかのタイミングで家賃収入より毎月のローン返済額が大きくなり、手持ちの資金から補填しないといけなくなります。そのため、アパート経営では空室を「常に」、「可能な限り」少なくするための対策を講じていくことが重要になります。

また、アパート建築をする際、間取りや広さ、デザインなどを一から考える必要があります。その際には「入居率」、つまりはできるだけ空室を少なくするプランを考えましょう。その地域でどのくらいの家賃だったら人が集まりやすいのか、ファミリーが住むのかシングルが住むのか、また最近のトレンドは何かなどを考慮した間取りにすることが大切です。賃貸物件のマーケティングについても、一読しておくと良いでしょう。

長年維持管理することをイメージした建築・収支計画を

アパート経営では優秀な管理会社を見つけて、ほとんどの仕事を管理会社に任せるやり方もあります。そうなると、自動で収入が入ってくる状態を作れると思われがちですが、そこまで持っていくには多くの難関をクリアしなければならないのも事実です。なかでも費用の問題は特に重視すべきと先に述べましたが、それはアパートの建築費だけでなく、大規模修繕費用や維持管理費用も含めた中長期のコストも対象になります。建築費を安く抑えても、その後の修繕費が高くついてしまうケースも考えられるので、広い視野をもって比較検討すると良いでしょう。アパート経営では、想定される複数のリスクに備えるための維持管理に手間や費用がかかり、計画の段階からそれらを織り込んでおくことが肝心なのです。

アパート経営の特徴やメリット・デメリットについては以下の記事で詳しく解説しています。

建築プランは複数社から比較検討しよう

アパート建設を設計施工分離方式で発注するとかなりコストが膨らむことから、大手ハウスメーカーやアパート専門のデベロッパーに依頼するほうが現実的といえるでしょう。低コストでも施工品質は安定しており、工期もかなり短くすることが可能です。

また建設会社によってオリジナルの工法や建材があり、単純に費用を比較するだけでなくそれぞれの設計プランや収支計画を見比べていくことが重要となります。アパート経営プラン一括無料請求では複数の大手ハウスメーカーによる提案を受けることができますので、比較検討の材料にしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

土地活用の中でも主流なアパート経営において、アパート建築費と利回りの考え方についてお伝えしました。利回りについてはアパート建築のプラン提案段階において、想定される利回りについての提示も受けるかと思いますが、そのときに表面利回りや想定利回りと実質利回りの違いについて理解しておくとより精度の高い計画が立てられます。

安定収入を得られるアパート経営のために、適正な建築費で最大の収益が狙えるようなプラン作りを目指していきましょう。

それではこの記事のおさらいです!

1.アパートの新築費用はどれくらいかかる?
アパートの建築費は規模や構造やグレード、建てる地域によって変動します。どんな土地にどんな建物を立て、どんな人に住んでもらいたいのかのイメージをしっかり持ったうえで、比較検討をしましょう。構造による違いについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

2.アパートの建築費の概算はどうやって求めればいい?
建築費用の概算は「坪単価×延べ床面積」の計算方法で算出できます。本体工事費のほかに、付帯工事費、税金や手数料などの諸費用も含めた総工事費を求めたうえで、収支シミュレーションを試算しておきましょう。

3.利回りの高いアパートを建てるには?
アパート建設検討の段階で数字の比較は不可欠ですが、坪単価や表面利回りに注視しすぎるのも得策ではありません。長期にわたって満室経営を維持できるような「強み」を持つこと、大規模修繕費用や維持管理費用も含めた中長期のコストを盛り込んだ収支計画を立てることが必要となるでしょう。

建築後の収支計画や賃貸管理計画も視野に入れて
適正な建築費でアパート経営をスタートしましょう。

アパート経営プラン一括請求はこちら

無料
  • STEP1活用予定の都道府県を選択

  • STEP2土地の有無を選択

無料プラン請求スタート

安心の提携企業がさまざまな土地活用プランをご提案致します

  • 三井ホーム
  • SEKISUI HOUSE
  • 大東建託
  • 住友林業
  • Panasonic Homes
  • トヨタホーム東京株式会社
  • セキスイハイム
  • ミサワホーム
  • AsahiKASEI
  • 住友不動産
無料プラン請求査定はお電話でも承ります。

※ページ下部の「土地活用プラン請求サービスの注意点」をご確認いただいたうえ、ご利用ください。

逆瀬川 勇造

監修逆瀬川 勇造

【資格】AFP(2級FP技能士)/宅地建物取引士/相続管理士

明治学院大学 経済学部 国際経営学科にてマーケティングを専攻。

大学在学中に2級FP技能士資格を取得。
大学卒業後は地元の地方銀行に入行し、窓口業務・渉外業務の経験を経て、2011年9月より父親の経営する住宅会社に入社し、住宅新築や土地仕入れ、造成、不動産売買に携わる。

●紹介されている情報は執筆当時のものであり、掲載後の法改正などにより内容が変更される場合があります。情報の正確性・最新性・完全性についてはご自身でご確認ください。
●また、具体的なご相談事項については、各種の専門家(税理士、司法書士、弁護士等)や関係当局に個別にお問合わせください。

土地活用一括プラン請求サービスの注意点

土地活用一括プラン請求サービスについて

  • 株式会社カカクコムは、本サービス(土地活用一括プラン請求サービス)でご入力いただいた情報を保有しておりません。個人情報を含むお客様のデータは、全て株式会社NTTデータ スマートソーシングが取得し、同社から同社業務提携先である建築会社・専門会社に提供されます。

個人情報の取り扱いについて

  • 土地活用一括プランの請求可能な企業数は、お住まいの地域やお客様の土地によって異なります。
  • お客様の土地の状態によってはプラン請求ができない場合もございます。ご了承ください。
  • 土地活用一括プラン請求サービスの提供は日本国内(一部離島等を除く)に限らせて頂きます。
  • プラン提供について、株式会社NTTデータ スマートソーシングの提携先各不動産会社から直接連絡をいたします。
  • プラン請求後の土地活用について、株式会社カカクコムおよび株式会社NTTデータ スマートソーシングは関与いたしません。
  • 土地活用一括プラン請求サービスは、セキュリティを保つために情報を暗号化して送受信するSSL(Secure Sockets Layer)機能に対応しています。ご利用の際はSSL対応ブラウザをお使いください。
  • 土地活用一括プラン請求サービスについてご不明な点がございましたら「HOME4U サービスに関するお問い合わせ」よりお問い合わせください。株式会社カカクコムではお答えできません。

記事で解決!土地活用のアレコレ

答えが気になったら、記事をクリック!

土地活用プラン請求サービスの注意点」をご確認のうえ、ご利用ください。