ベタ基礎

べたきそ
ベタ基礎とは、建物の底一面をコンクリートで覆う基礎です。
ベタ基礎とは、建物を支える基礎構造の一つで、建物の底全体をコンクリートで固める構造です。やや軟弱な地盤や敷地全体で地耐力が安定した地盤に適した基礎とされています。
ベタ基礎は、地面全面に防湿シートを敷き、その上に鉄筋を縦横に配筋します。間取りや地盤の状況によっては、鉄筋の太さや間隔を調整します。ベタ基礎布基礎と同様に、建物の外周部と耐力壁が通っている部分は立ち上がり部分とします。配筋の上からコンクリートを打ち込んで底板とし、立ち上がり部分と一体化させて強固に接続します。
ベタ基礎布基礎に比べて不同沈下が起きにくいと考えられていますが、地盤によって適切な基礎は異なってきます。地盤調査に基づいて、地耐力や地質に合った基礎を選ぶことが重要です。

頭文字から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
その他
英数字

注目の不動産用語

ページトップへ