合筆

ごうひつ/がっぴつ
合筆とは、2筆以上の土地を合わせて1筆の土地として登記することです。
合筆とは、隣接する2筆以上の土地を合わせて1筆として登記することです。正式には「ごうひつ」といいますが、「がっぴつ」ともいいます。
土地の所有者は、自由に合筆することができます。ただし、所有者が異なる土地や、地目地番が異なる土地、隣接していない土地は合筆できません。合筆すると、土地を隔てていた筆境界線は抹消されます。合筆後の土地の地番は最も若い地番となります。
合筆が行われるのは、分かれていた土地をまとめてすっきりしたい場合や、登記簿上と実測上の面積が異なり、1筆にまとめて測量して更正登記したい場合などです。
逆に、1筆の土地をいくつかに分けることを「分筆」といいます。

頭文字から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
その他
英数字

注目の不動産用語

ページトップへ