×閉じる

最近見た物件

物件の履歴がありません。

最近検索した条件

検索条件の履歴がありません。

価格が500万円以内の中古マンション特集

価格が500万円以内の中古マンションを最寄り駅や住みたい地域から探すことができます。

駅名・市区郡名で500万円以内の中古マンションを一発検索!

お得な格安物件!500万円以内の中古マンション

500万円以内の中古マンション

500万円以内で中古マンションが買える?

賃貸で家賃を払い続けるより、格安の中古マンションを購入したほうが安くつくのでは?と考えている人も少なくないはず。実際、500万円以内で買える中古マンションは存在します。

賃貸ではなくマンションを所有するメリットは、何といっても自分で気兼ねなく部屋をリフォーム・リノベーションできることです。500万円以内のマンションなら、購入価格が抑えられる分、リフォーム・リノベーション費用の割り当てを増やすこともできます。築年数が古くても、自分でリノベーションする前提で、あえてリノベーションされていないマンションを購入する人もいます。自分好みの部屋に住みたい人におすすめです。

500万円以内の中古マンションを探すときのポイント
自分でリノベーションするならリフォーム前の物件を狙いましょう
中古マンションは、リフォーム済の状態で販売していることが多くあります。リフォーム済の物件には、元々の価格にリフォームの内装工事費用が上乗せされているので、自分でリノベーションする予定がある人は、リフォーム済物件は避けるのが吉です。
耐震強度は一定基準を満たしていますか?
中古マンション購入検討で気になるのが「耐震性」です。1981年に建築基準法の耐震基準が大幅改正され、改正以前を旧耐震基準、改正以降を新耐震基準と呼ぶのが一般的です。築年数が古くなるほど安くなる中古マンションですが、耐震性が気になる人は、新体制基準を満たした中古マンションを選ぶのが無難です。
修繕計画・積立金の状況を確認しましょう
修繕積立金とは、購入後にかかる維持費のことです。せっかく安くマンションを購入しても、維持費が高額だと元も子もないですよね。もちろん、マンションの資産価値や快適性を維持するのに修繕費の積み立ては必須ですが、適正な設定額かどうか、滞納や赤字決算などがないかどうかは事前に確認しておきましょう。

ポイントを押さえて、500万円以下の格安中古マンションで自分らしく暮らせるお部屋を探しましょう!

ページトップへ