立面図

りつめんず
立面図とは、建物の外観を描いた図面です。
立面図とは、建物を東西南北の4方向から見た図面で、建物の外観を表わします。
屋根の形状や勾配、玄関ドアの位置、の位置や大きさ・形、バルコニーの広さや手すりの形状などが描かれ、外観デザインをイメージすることができます。
立面図には、住宅の高さや幅、軒高、軒の出などの寸法も記載され、北側斜線や道路斜線などのチェックも立面図で行われます。また、必要に応じて、外装材や屋根材なども記入します。
立面図の縮尺は100分の1を用いるのが一般的ですが、場合によって50分の1を用いることもあります。

頭文字から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
その他
英数字

注目の不動産用語

ページトップへ