人工大理石

じんこうだいりせき
人工大理石とは、樹脂を主成分とした人工建材です。
人工大理石とは、アクリル樹脂やポリエステル樹脂を主成分とした、大理石に似せた人工建材です。樹脂と無機物を混ぜ、顔料で色をつけてつくります。浴槽や洗面台、キッチンの天板(てんばん)などに用いられます。人造大理石と呼ぶこともあります。
人工大理石は、原料となる樹脂によって、主にポリエステル系とアクリル系があります。価格はポリエステル系が安めですが、耐久性や耐衝撃性ではアクリル系が優れています。また、ポリエステルとアクリルを混ぜたものや、ガラス繊維で強化したものなど、さまざまな人工大理石が登場しています。

頭文字から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
その他
英数字

注目の不動産用語

ページトップへ