最多価格帯

さいたかかくたい
最多価格帯とは、複数物件が同時に販売されるケースで、100万円単位でみたときに一番多い価格帯です。
最多価格帯とは、新規分譲の宅地や一戸建て、マンションなどで、同時に複数の物件が販売されるとき、販売価格を100万円単位でみたときに、一番多い価格帯のことです。
不動産広告では、販売する物件について、価格や面積などの詳細が表示されますが、販売戸数が10件以上ある場合、すべての価格を表示する代わりに、最低価格と最高価格、最多価格帯とその物件数のみを表示することができます。
例えば、販売戸数が32戸、価格が2980万円(1戸)~4980万円(1戸)、最多価格帯が3400万円(8戸)と表示されていれば、その物件の最低価格は2980万円で1戸、最高価格は4980万円で1戸、最も多い価格は、3400万円以上、3500万円未満の物件が8戸ある、という意味です。

頭文字から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
その他
英数字

注目の不動産用語

ページトップへ