×閉じる

最近見た物件

物件の履歴がありません。

最近検索した条件

検索条件の履歴がありません。

建物面積が広々100㎡以上の中古一戸建て特集

建物面積が広々100㎡以上の中古一戸建てを最寄り駅や住みたい地域から探すことができます。

駅名・市区郡名で100m2以上の物件の中古一戸建てを一発検索!

建物面積が100m2以上ある中古一戸建てとは

100m2以上の中古一戸建て

建物面積が100m2以上ある中古一戸建てとは

100㎡を坪数に換算すると約30坪程度、畳数に換算すると約60畳程度になります。

建物面積に100平米以上の広さがあれば、4人以上でも暮らしやすいです。間取りは3LDK~4LDK以上が多い傾向にあります。家族が増える予定がある方は、あらかじめ広めの部屋に住むのも手です。

建物面積が100m2以上ある中古一戸建てを探すときのポイント
単語の意味を理解しましょう
中古一戸建てを探しているとよく目にするのが「建築面積」「延床面積」「敷地面積」「施工面積」といった単語です。「建物面積」は延床面積と同じ意味で、各階の床面積を合計した面積を指します。ここには、バルコニーやロフトなどは含まれません。「施工面積」はバルコニーやロフトなど実際に施工した部分をすべて含みます。
実際の住居スペースはもう少し狭くなります
建物面積100m2と記載がある場合、そこにはお風呂やトイレ、洗面所やキッチンなども含まれています。よって、実際の居住スペースは100m2より狭くなることに注意しましょう。

ポイントを押さえて自分にとっても、家族みんながゆとりを持って暮らせるお部屋探しをしましょう!

ページトップへ