不動産売却にかかる費用

不動産売却には必ずさまざまな費用がかかります。
仲介手数料やリフォーム代、銀行にかかるお金までさまざまな費用が必要となります。特に仲介手数料は最も額が大きく売却金額が高値になるほどその費用も高値になります。
諸費用を把握していないと想定外の費用となることも。必ず各費用は把握しておきましょう。

仲介手数料

仲介手数料仲介手数料とは媒介報酬、仲介報酬と呼ばれることもありますが、不動産業者に支払う成功報酬です。
一般的に「売買価格×3%+6万円×消費税」として計算されます。
成功報酬ですので、売買契約が成立した際に支払われます。
不動産売却には様々な諸費用がかかりますが、最も額が大きくなるのがこの仲介手数料です。

抵当権抹消費用

抵当権抹消費用とは、金融機関に設定されている抵当権を抹消するために必要な手続きに関する費用です。
抵当権は物件を購入する際、その物件を担保として金融機関に住宅ローンを組む時に設定されます。
そのため、抵当権が残ったままでは物件の売却がおこえないため、住宅ローンの残債を支払い抵当権の抹消をする必要があるのです。
一般的に金額は2万円程度となります。住所変更登記と抵当権抹消手続きをあわせて司法書士に依頼する際は司法書士費用が別途かかることになります。

その他諸費用

その他諸費用印鑑証明・住民票などの取得費用や住所・氏名に変更がある場合は変更登記費用、 そしてリフォームが必要な際はリフォーム代がかかることも忘れてはいけません。
また、印紙税などの各種税金もかかってきます。

ページトップへ