お部屋探し必勝マニュアル

お部屋探しはお金と時間がかかるもの。数十万の大金をかける一大事だからこそ、事前の準備で失敗と後悔を防ぎましょう!

STEP 6いよいよ引越し!準備はOK?

いよいよ引越し!準備はOK?

良い部屋も見つかったし、契約も終わった。後は引越しだけ。…なんだか楽勝な雰囲気だが、新居生活を始めるうえで準備は他にもたくさん。手配をミスると大変なことになることも。
何事もはじめが肝心。賃貸生活を始める前に、やっておくべきことを整理しよう。

1.引越し会社を選ぶ時の注意点-友人に頼む?引越し会社?-

引越し会社に頼むのか、友人や家族に手伝ってもらい、レンタカーを使って引越しするのか、考えよう。

引越し会社と一口にいっても、大手の「何でもお任せ!」というサービスから、宅配便業者などの手軽でリーズナブルなサービスまである。
大型家電や高級家具など高価な家財があるなら、専門の引越し業者に任せた方がいい。壊れないようなシッカリした梱包や、万が一壊れた時の保証の面で安心できるからだ。

引越し会社を選ぶ時の注意点

一方、荷物が多いのにレンタカー+友人知人で引越しとなると、1日で終る保証も、破損した時の保証も一切なし。
レンタカー料金と手伝ってくれた人へのお礼を考えると、あまりにもリスクが高い。
単身者でも、引越し会社の単身者パックなどにした方が安くつく場合があるから、レンタカーの利用は慎重に考えた方がよいだろう。

引越し会社は複数から見積りを取るのが鉄則

荷物が多ければ多いほど、引越し会社によって料金の差が出てくるので、基本的には複数の会社から見積りを取った方がいい。単身者でも引越し専門会社の単身者パックと、宅配業者のそれとは大きく金額が違うことがあるから、比較検討が必要だ。

引越し日やサービス内容の違い

特定シーズンや平日は通常の何割引になるなどのサービスを実施している会社もあるので、割引になるケースを聞いておくとよい。逆に、前面道路の幅などで追加料金がかかる場合もあるから、割増料金になるケースも聞いておく。

2.引越し日の注意点(カギ・挨拶・不具合)

いよいよ引越し当日!一番忙しいのもおそらくこの日だろう。引越しトラックが新居に到着する時間や、鍵の手配など、先回りの行動を取らないと、その日は新居で眠れない可能性も…。

鍵の手配は確実に

引越しのトラックが荷物を運んで来たのはよいが、部屋の鍵がない!不動産会社も定休日となったら、さぁ大変。
鍵は引越しの前日までにもらっておく。中には、扉を開けたらリフォームの真っ最中だった、なんてこともあるから、不動産会社との連絡は密にしておきたい。

大家さん・隣人への挨拶

大家さんが近くに住んでいる場合は、必ず挨拶しておこう。 「いい人が入って来てくれた」と思ってもらえれば、部屋に不具合があった時や、住民同士のトラブルがあった時などは、頼りにできる。
次に住民への挨拶。単身者の場合はしないことも多いが、子供がいる、あるいは生活サイクルが朝早い・夜遅いなど騒音を出してしまう可能性がある人は、両隣に挨拶しておく方がよいだろう。お互いどんな人が住んでいるのか分かっていた方が、ちょっとした不満も解消しやすい。
これらの事に気をつけて、楽しい賃貸生活を始めよう!