お部屋探し必勝マニュアル

お部屋探しはお金と時間がかかるもの。数十万の大金をかける一大事だからこそ、事前の準備で失敗と後悔を防ぎましょう!

STEP 2物件の情報は事前に収集せよ!

物件の情報は事前に収集せよ

お部屋探しの第一歩として、まずは物件情報を収集しよう。
情報を入手するにはいくつかの方法がある。それぞれの探し方に特徴があるので、ケースバイケースで上手に使い分けよう。

1.賃貸情報誌やフリーペーパーで探す

まずは、駅やコンビニのフリーラックなどにある賃貸情報誌をパラパラと眺めてみるのもよい。最近はフリーの情報誌が多いから簡単に手に入るだろう。
情報誌で役立つのは、大まかな相場が把握できること。いろいろな沿線や駅の物件情報を流し読みしてみると、今の収入だと、どの辺りの、どんな物件に住めるのかが見えてくるはずだ。

2.インターネットで探す

賃貸情報誌と比較したら情報量は圧倒的に多い。 また何より便利なのが、多くの物件の中から自分の条件に合った物件を絞り込む条件検索機能。これを使わない手はないだろう。
実際、賃貸ユーザーの8割以上はインターネットを使って部屋探しをしており、今では最もポピュラーな物件の探し方となっている。

3.店頭に直接行って探す

「とりあえず何もわからないからお店へ」と軽い気持ちで飛び込むと、思わぬ落とし穴にはまる危険性が。
例えば、営業スタッフのペースにすっかり乗せられて、よくよく考えたら当初の希望とは全く違った物件を契約してしまった!なんてことも…。
逆に、高望みした条件をスタッフに突きつけて「ありません」と冷たくあしらわれてしまうかもしれない。
不動産会社に行く時は、最低限の相場観、そして自分の条件を明確にして、担当者と物件に関する話がある程度できるようになってからの方がいいだろう。

店頭に直接行って探す