不動産売却ノウハウ

私の家や土地、いくらで売れる?

まずは相場や動向の情報を集めよう

公示情報を集めよう

不動産を所有している人なら誰でも、自分が住んでいる家や土地が「いくらで売れるのか」ということは、とても気になることでしょう。いくらで売れるかをある程度知ることで、諦めかけていた住み替えプランも具体性を帯びてくるかもしれません。

不動産の価格を知るために一番有効なのは、不動産会社に査定してもらうことです。インターネットでは、比較的簡単に不動産を無料査定できるサービスがありますが、その前に自分で相場を調べておくと良いでしょう。知識のない状態で査定してもらっても、提示された査定価格について質問することができず、ただ鵜呑みにするしかありません。すべてを不動産会社任せにしてしまうということにならないためにも、相場を調べて売却価格の大まかなイメージを持っておくことが大切です。

不動産の相場を調べる方法はいくつかあります。例えば住宅情報誌で近所の不動産がいくらぐらいで売りに出されているのかを知ることができます。また、インターネットの活用もオススメです。インターネット上では、路線価や公示価格、取引動向など様々な不動産価格の指標を調べることができますが、不動産が一戸建てか分譲マンションか、あるいは土地なのかによって、参照すべき情報も若干異なります。自分の売りたい不動産に応じて、確かな情報を集めるようにしましょう。

相場や動向を集める〜一戸建て編〜

広告等に掲載されている物件の価格情報は、実は「売り出し価格」と呼ばれるもので、必ずしも実際に取り引きされた価格とは限りません。では、実際に売買された価格情報を得るためにはどうしたら良いのでしょう。そこで役立つのが、指定流通機構による「レインズ・マーケット・インフォメーション(REINS)」です。REINSでは、全国を対象エリアとして、一戸建てであれば直近1年で実際に取り引きされた価格や土地面積、建物面積、間取り等の情報を誰でも閲覧することができます。指定流通機構は全国で4法人が設立され、それぞれの指定流通機構ごとに月次の成約件数や平均価格などといったデータを閲覧することができ、市場の動向を読み取りやすくなっています。

また、国土交通省では「土地総合情報システム」において、アンケート結果に基づいた取引価格情報を公表しているほか、全国・ブロック別・都市圏別に毎月の不動産価格を指数化した「不動産価格指数(住宅)」を公表しています。

一戸建て(中古)の相場や動向を知るための参考サイト

4つの指定流通機構

公益財団法人東日本不動産流通機構 首都圏の不動産取引についての情報が見られる
公益財団法人中部圏不動産流通機構 中部圏の不動産取引についての情報が見られる
公益財団法人近畿圏不動産流通機構 近畿圏の不動産取引についての情報が見られる
公益財団法人西日本不動産流通機構 中国、四国、九州・沖縄エリアの不動産取引についての情報が見られる

相場や動向を集める〜マンション編〜

中古マンションにおける相場や取引動向についても、参考となるものは一戸建てと大きく違いありません。ただ、東京カンテイが月次レポートとして公表している「全国中古マンション価格天気図」を、市場の動向を把握するための目安とするのも良いでしょう。都道府県別の中古マンション流通価格動向を天気図にしているので、売りに出すタイミングを探るための参考にもなります。

中古マンションの相場や動向を知るための参考サイト

相場や動向を集める〜土地編〜

土地の価格においてもっとも代表的な情報が、国土交通省による「地価公示(公示価格)」です。また各都道府県による「都道府県地価調査(基準地価)」も、地価公示と併せて参考にすると良いでしょう。 また相続税や贈与税に関わる財産評価を目的とした、「相続税評価(路線価)」というものもあります。路線価は主に、公示価格のおよそ8割の水準に設定されています。

土地の相場や動向を知るための参考サイト

複数の不動産会社に一括で無料査定を依頼する

複数の不動産会社に査定を依頼する

自分の不動産がどれくらいで売れるのか、ある程度想定できたなら、実際に不動産会社に査定を依頼してみましょう。ただし、より正確な査定を得るためには、土地や家屋の状況、日照条件、維持管理の状況なども調べる「訪問査定」が必要となります。しかし「いきなり訪問されるのはちょっと・・・」という人のために「簡易査定(机上査定)」の利用をオススメします。「簡易査定(机上査定)」とは、近隣の売り出し事例や成約事例、公示価格といったデータをもとに、机上で行う査定のこと。手軽に依頼して迅速に回答を得ることができますが、実際の価格とは多少の誤差が生じてしまいます。まずは複数の不動産会社に「簡易査定(机上査定)」を依頼し、その上で真剣に売却を考えたいなら、不動産会社を選んで「訪問査定」を依頼しましょう。

「簡易査定(机上査定)」では、複数の不動産会社に同時に依頼するのが一般的です。数社から査定をもらうことで、比較検討できるためです。インターネットでは、複数の不動産会社に一括で簡易査定してもらうことのできるサービスがあります。もちろん無料で気軽に利用できるので、こうしたサービスを利用すると良いでしょう。

簡易査定(机上査定)

内容 近隣の売り出し事例や成約事例、公示地価などの基礎データをもとに行う査定。初めて査定をする人向き。
信頼性 低い
現地確認 なし

訪問査定

内容 基礎データだけでなく、担当者が現地を訪問して得た現地状況も参考に査定。具体的な売却プランを考えている人向き。
信頼性 高い
現地確認 高い

不動産会社からの査定価格を鵜呑みし過ぎない

たとえば不動産流通近代化センターが定める「価格査定マニュアル」というものがあります。熟練した者が査定シートに記入していけば、概ね同程度の査定価格が導き出せるようになっています。ですから基本的には、どの不動産会社からの査定価格も、同じような査定価格を提示してくることでしょう。

またどの不動産会社も、専属選任媒介契約や選任媒介契約を結びたいがために、1〜2割程度高い査定価格を出すようです。自分たちが購入する訳ではないのですから、自由な数字を言えることができるのです。そのため、他社とはあまりにもかけ離れた査定価格を提示してくる不動産会社は要注意。高い査定価格だからとぬか喜びは禁物です。

その上で実際に売却しようという意識が高まったのであれば、何社かに質問をするなどし、信頼のおける不動産会社を選んで訪問査定を依頼するようにしましょう。

不動産の一括査定依頼はこちらから

※下記「売却査定サービスの依頼に関する注意点」をご確認いただいたうえ、ご利用ください。

kakaku.com不動産住宅情報サイト スマイティはカカクコムグループです。

不動産を探すなら、不動産住宅情報サイトのスマイティ!
全国にある賃貸物件、新築マンション、新築一戸建て、中古マンション、中古一戸建てを多数掲載。不動産の売却査定や引越しの見積もりまであなたの住まい探しをフルサポートします。