新築
マンション

モデルルーム レポート

  • 徹底解説
  • 周辺環境
  • 画像満載
  • 住み心地

THE ITABASHIレジデンス

THE ITABASHIレジデンス
モデルルーム レポーター

THE ITABASHIレジデンス

  • POINT1

    「大手町」駅まで電車で直通20分

  • POINT2

    大規模195邸ならではの外観・共用部デザイン

  • POINT3

    居住空間内には快適さを追求

THE ITABASHIレジデンスは完売いたしました。
  • 所在地:

    東京都板橋区清水町40番2他(地番)

  • 交通:

    都営三田線「板橋本町」駅下車徒歩4分

  • 情報提供会社:

    住友商事株式会社 / 住友不動産株式会社

THE ITABASHIレジデンスのモデルルームへ行ってきました

THE ITABASHIレジデンスの模型で全体をチェック

THE ITABASHIレジデンスの間取り

モデルルーム見学も第10回目となりました。
今回は、江戸の宿場町として栄えた歴史薫る「板橋本町」駅徒歩4分にある「THE ITABASHIレジデンス」へ行ってきました。

「大手町」駅へ直通20分、首都高出入口と環七にも近く自動車利便も良好。
この街の魅力は後半の「街レポート」でご紹介します。

それでは、「THE ITABASHIレジデンス」のモデルルームを見に行きましょう。最寄り駅は都営地下鉄三田線「板橋本町」駅。地上に出て旧中山道に入るとすぐ正面に「THE ITABASHIレジデンス」が見えました。建物は19階のノース棟、15階のサウス棟のツインレジデンス。周辺には高い建物がそう多くはないので存在感が大きいですね。現地まではフラットで車の通行が少ない道をまっすぐ歩いて4分。ベビーカーのママ達が笑顔で会話しながら歩いているのが印象的でした。

今回は現地モデルルームを見学しました。周辺環境や眺望など、実際の建物を見られるのはよりイメージが湧きやすいですね。プランは3LDK+N(納戸)+WIC(ウォークインクロゼット)+SIC(シューズインクロゼット)のN-Eタイプ。専有面積は71.80m2でバルコニー面積は16.89m2です。窓が多く取れる明るい角住戸で、収納がたっぷりあるのも嬉しいですね。

THE ITABASHIレジデンスの2面採光リビング・ダイニング

2面に窓があるから、光たっぷりで気持ちがいいな!

「THE ITABASHIレジデンス」のプランは南向き中心。リビング・ダイニングに陽光がたっぷり差し込む暮らしは、やっぱり憧れですね。見学した現地モデルルームは角住戸なので、さらに開放感いっぱい。あと注目したのは、天井の高さ。「THE ITABASHIレジデンス」は最大約2,500mmと十分な高さがあり、間取りの数字以上に空間を広々と感じましたよ。ぜひ、モデルルームに行った際には体感してみてください!

  • THE ITABASHIレジデンスのリビングダイニング
    角住戸のメリットである2面採光のリビング・ダイニング。明るい部屋に合う家具色を選びたいな。バルコニーの手摺も透き通ったガラスなので、ソファに座ったままでも眺望を楽しめますね。
  • THE ITABASHIレジデンスバルコニーに面しているのリビングダイニング
    引き戸の可動間仕切りを開ければ、洋室(2)と一体の空間に。引き戸の高さが天井近くまであるので、開放すれば広々としたリビング・ダイニングに変身!ホームパーティ開催するときにも魅力的なスペースですね。
  • THE ITABASHIレジデンス のリビングと洋室(3)の間には、可変性の高い引戸があります
    引き戸で仕切られた洋室(2)を書斎にするのもいいな。私ならPCでメールをチェックしたり、カメラ好きなので写真の整理をしたりするスペースにするかな。
  • THE ITABASHIレジデンスの洋室(3)
    引き戸の枠の幅がこんなに薄い!ちょっとしたことだけど、でっぱりが少ないと部屋が広く感じますね。さらに窓の外のバルコニーも奥行きが2mあるので、リビングの延長のように使えますね。
編集部チェック
CHECK編集部チェック

リビング・ダイニングは家族の中心。採光や広さだけでなく、居心地のよさが不可欠。エアコンやコンセント、照明の位置もチェック。家族でインテリアのレイアウトイメージがふくらませて、ライフシーンをシミュレーションしてみましょう。

THE ITABASHIレジデンス モデルルームの天板一体型のキッチン

毎日使うのが楽しくなる工夫にあふれていますよ♪

キッチンの第一印象は、スマートでカッコイイ!でも、もちろんそれだけじゃありませんでした。細部まで毎日の使いやすさが考えられていることが、私は気に入りました。キッチンは、リビング・ダイニングと向き合う対面カウンターキッチン。料理をつくりながら会話を楽しめるからコミュニケーションが広がりますね。

  • THE ITABASHIレジデンスモデルルームのキッチン 大きめでゆとりがあるシンク
    500mlのロング缶がそのまま入る引き出し収納。私が好きなビールのストックにも便利だな。一戸建てに住む友人夫婦は、床下収納に飲み物をしまっていたけど、これは同じように使えますね。
  • THE ITABASHIレジデンスモデルルームのキッチン 収納も豊富
    コンロはガラストップでお手入れカンタン。コンロ奥の壁も触ってみると目地の凹凸がないので、油がはねてもサッと拭くだけ。掃除がラクだと、炒めものや揚げ物など、料理がもっと楽しくなるね!
  • THE ITABASHIレジデンスモデルルームのキッチン ホーローキッチンパネル(マグネット仕様)
    たくさんの野菜や大きな鍋もラクに洗える大型シンクは、家族や友人を招いた時にも活躍しますね。そして生ゴミを砕いて流す、憧れのディスポーザーが標準装備なのは嬉しいな!
  • THE ITABASHIレジデンスモデルルームのキッチン カウンターキッチンの下に収納棚
    キッチンの前のカウンター。忙しい朝食はココで済ませたり、ホームパーティの大皿を並べたりと想像以上に使えるスペース。カウンター下には食器棚を置いてもいいですね。
編集部チェック
CHECK編集部チェック

キッチンは使い勝手を徹底チェック。収納は全部開けてみましょう。鍋や食器、食材が実際に入っているので高さ、奥行、容量の目安になります。カウンターや壁の素材、レンジフードなど、お手入れのしやすさも確認しておきましょう。

THE ITABASHIレジデンス  洋室(1)

自然の光が沢山入る寝室は優雅な気分になれるね。

続いて洋室へ移動しました。寝室や趣味室などに使うプライベートスペースだからこそ、洋室の居心地は大切にしたいですね。まずは、採光はどうかをチェック。モデルルームの洋室には必ず窓があります!これは角住戸のメリット。次に収納はどうか。これもウォークインクロゼットをはじめ、各洋室に収納完備!基本性能がしっかりしているので、いろいろ自由な使い方ができますね。

  • THE ITABASHIレジデンスのモデルルーム 洋室(1)の大容量の収納スペース ウォークインクロゼット
    寝室に使える約6.0畳の洋室(1)は、ウォークインクロゼット付き!洋服がたっぷり入るのはもちろん、上の棚にはバッグや小物を、収納ボックスを置けば収納力はもっとアップしますね。
  • THE ITABASHIレジデンスのモデルルーム 洋室のドアノブのデザイン
    寝室に使える洋室(1)は2面採光!さわやかな朝日で目覚めると一日の気分が全然違いますね。窓は共用廊下に面していないので、プライバシーの心配もありませんね。
  • THE ITABASHIレジデンスのモデルルーム 洋室(2)の子供部屋
    洋室(3)にもきちんと窓がありますね。室内にしっかり採光が取れる約5.0畳は、趣味室はもちろん、子供部屋にするにもちょうどいいスペースですね。
  • THE ITABASHIレジデンスのモデルルーム 洋室(2) 高さと奥行きがある収納
    洋室(3)にもクロゼットが付いています。奥行きもしっかりあるので、洋服はもちろん、こまごましたものをしまえば、お部屋をスッキリ使えますよ。
編集部チェック
CHECK編集部チェック

洋室は家族の数だけ使い方があります。寝室にはウォークインクロゼットを、子供部屋は日当たりを重視など、細かい希望をまとめておきましょう。同じ3LDKでも、ライフスタイルに合った間取りが見つけやすくなりますよ。

THE ITABASHIレジデンスのモデルルーム パウダールーム

洗いやすいボウル一体型でお手入れが楽だね。

洗面カウンターとボウルは継ぎ目のない一体型。ボウル内にコップや石鹸を置くスペースもあるので、本当にお掃除がカンタン!毎日使う場所をいつも清潔に保てるのが嬉しいですね。さらに小さなお子様の目線に合わせた三面鏡下鏡を採用するなど、細かな場所まで家族みんなが気持ちよく使える工夫がいっぱいですよ!

  • THE ITABASHIレジデンスのモデルルーム パウダールーム 三面鏡の裏は収納棚
    化粧台は便利な三面鏡。鏡を開けると収納スペースがあります。スキンケアやヘアケア用品をスッキリ整理できます。家族それぞれの場所を決めて、分けて使うのもいいですね。
  • THE ITABASHIレジデンスのバスルーム 風呂の入口の隣にリネン庫
    こまめに替えたいタオルをまとめてしまっておけるリネン庫があらかじめ付いているから、別に棚を買わずに済んでスペースもスッキリ!シャンプーや歯ブラシのストックもここにしまえます。
  • THE ITABASHIレジデンスのモデルルーム バスルーム 浴槽
    約1.4m×約1.8mの大型ユニットバスは、お湯が冷めにくい保温浴槽。長湯が好きな私は、ミストサウナを浴びながらゆったり楽しめるバスルームがとっても気に入りました。
  • THE ITABASHIレジデンスのモデルルーム トイレ3段収納棚
    節水型のロータンクトイレ。CO2の排出も減るので、経済的だけでなく環境にもやさしいんですって。全戸に手洗いカウンターがついているのも高級感があって高ポイントですね。
編集部チェック
CHECK編集部チェック

家族全員が毎日使うスペースだけに、実際に体感することが大切です。パウダールームは収納力をチェック。バスルームは浴槽はまたぎの高さ、足の伸ばし具合を試してみる。ミストサウナの効能なども販売スタッフに聞いておきましょう。

THE ITABASHIレジデンスのモデルルーム 収納力チェック

奥行がある布団クロゼットは便利だね!

家族が増えたり、成長するにつれて家の中のものって増えていきますよね。マンション選びは部屋の広さと同じくらい収納にも気を配っておくといいですよ。「THE ITABASHIレジデンス」は納戸やウォークインクロゼットをはじめ収納スペースが充実!細かくチェックしていきましょう。

  • THE ITABASHIレジデンスのモデルルーム リビング・ダイニングの収納
    廊下に設けた物入。モデルルームで実際にサイズを測ってみるのがオススメ。CDや本など自分の持ち物で何をしまえるかをイメージておきましょう。
  • THE ITABASHIレジデンスのモデルルーム キッチン側の収納
    キッチン上部に作り付けの吊り戸棚。容量がたっぷりあるので食器や鍋もスッキリ収まります。毎日使うものはキッチンの下、時々使うものは上、というように使い分けるのも賢いですね。
  • THE ITABASHIレジデンスのモデルルーム 玄関の収納 傘置き場 ベビーカー収納
    各居室のクロゼットは、システム収納を採用。好みや用途に合わせて、パーツを有料のオプションで追加できるので、収納したいものをすっきり美しく収納できるのがポイント!
  • THE ITABASHIレジデンス のモデルルーム 玄関の収納 靴箱
    玄関から靴を履いたまま出入りできるシューズインクロゼット。靴が多い私はもちろん、家族みんなの靴類もきれいに収まりそうですね。傘やかさばる物も収納できますよ。
編集部チェック
CHECK編集部チェック

新居でスッキリと暮らすために、収納したいものは、前もってサイズを測っておくとモデルルームでも収納スペースが足りるかどうかの目安になりますね。将来、物が増えることを予定して余裕を持たせておくのがコツ。モデルルームにはメジャーを持参して収納のサイズを測りながらしまうものをイメージしましょう。

THE ITABASHIレジデンスの外観

現地周辺は落ち着いていて、ゆったりと過ごせそうな予感がする♪

江戸時代の板橋宿の名残ある板橋本町にあって、「THE ITABASHIレジデンス」のガラス手摺の透明感ある外観デザインは美しい存在感を放っています。建物の足元に目をうつせば街並みに調和する落ち着いた雰囲気と緑の木々がホッとさせてくれます。一日の光の変化や四季の移り変わりを楽しめる贅沢な時間が過ごせそうですね。

  • THE ITABASHIレジデンスの外観・デザイン 模型
    まるで都心のホテルのような佇まいのエントランスに迎えられると贅沢な気持ちになりますね。駐車場の入口は、歩行者や自転車とは完全に分かれているので、安全面にも配慮されていますね。
  • THE ITABASHIレジデンスの現地周辺 閑静な住宅街
    洗練されたデザインのエントランスホール。チェアもあるので、来客との待ち合わせにも便利ですね。エントランスはダブルオートロックなので、セキュリティ面も安心!
  • THE ITABASHIレジデンスの周辺環境 青三北公園
    花と木々で彩られた幅員約2mの「フォレストコリドー(自主管理歩道)」を整備。ベビーカーでも安心して歩ける広さが嬉しいな。まわりと調和しながらも、プライバシー性も高いですね。
  • THE ITABASHIレジデンスの周辺環境 模型
    江戸の宿場町だった板橋の歴史めぐりも楽しい。日本橋から二里二十五町三十三間、約10.6kmだから都心に近いですね。この橋の名は「板橋」と言って、地名の由来とも言われているそうですよ。
編集部チェック
CHECK編集部チェック

建物の外観は、街のデザインのひとつでもあるので、近くで見るだけでなく、街を散策しながら、いろいろな角度からベストの見え方を見つけてみてください。この街に住む楽しさをイメージできますよ。

編集部セレクト物件の魅力に迫る!

THE ITABASHIレジデンス リビング・ダイニングは2面採光

採光・通気性抜群の間取りが快適な暮らし叶えてくれるね。

眺望が魅力の「THE ITABASHIレジデンス」。ノース棟の最上階19階のバルコニーからはスカイツリーがはっきりと。さらに池袋から新宿、都心方面が一望できました。高い建物が少ないので大きな空が広がって、この眺望を毎日見られるのは贅沢ですね。残念ながら夜の眺望は見られませんでしたが、灯りがともる東京もきれいなんだろうなぁ。

  • THE ITABASHIレジデンスのモデルルーム ドア扉にはドアスコープが2つ
    こちらは19階の共用廊下からの眺望です。ちょうど夕陽が沈む時間帯だったので、オレンジの光がとてもロマンティックでしたよ♪バルコニー側とはまた違う眺望を楽しめます。
  • THE ITABASHIレジデンスのモデルルーム 可変性ある引戸で大型リビング・ダイニング
    キッチンのカウンターの段差に注目!リビング・ダイニングから、水廻りの作業を目隠ししてくれるので、ホームパーティの時などにもスマート!女性の心を掴んだ設計ですよね。
  • THE ITABASHIレジデンス 徒歩圏5分以内に生活施設が揃う生活利便性
    案外見落としがちなのが共用部の廊下。「THE ITABASHIレジデンス」は廊下幅にゆとりの広さがあるので、ベビーカーやスーツケースなどの大きな荷物を運ぶ時にも余裕がありますね。
  • 編集部セレクト
    キッチンから直接バルコニーに出られる扉が付いているのも角住戸ならではですね。換気もよく、夏は網戸にして風を通したり、便利に快適に使えますね。
編集部チェック
CHECK編集部チェック

モデルルームで質問したいこと、確認することはあらかじめメモしてから向かうのがポイントです。家に帰ってから「あ、あれを聞き忘れた!」ということもなく、住まい選びの不安点がなくなりますよ。もちろん聞いたことをメモするのもお忘れなく。

「THE ITABASHIレジデンス」の特徴

「板橋本町」駅徒歩4分。南向き中心、全195邸の大規模ツインレジデンス。

「THE ITABASHIレジデンス」は、地上15階建・102邸の「サウス棟」と、地上19階建・93邸の「ノース棟」からなる合計195邸の大規模プロジェクト。歴史薫る街の新しいランドマークとして、ネイビーブルーの外観が大空にそびえる壮観な風景を見せています。南向き住戸を多くするよう設計されたツインレジデンスという配棟が、都心方面への豊かな眺望と明るく開放感あふれる住空間を演出。東京23区内の駅近ながら、ゆったりとした時の流れを感じていただけます。

特徴
  • 1.「大手町」駅直通20分、「板橋本町」駅徒歩4分の駅近立地に誕生した大規模プロジェクト。
  • 2.歴史と風情、生活利便、教育環境のよさが融合した、板橋の暮らしの中心・板橋本町エリア
  • 3.スカイツリーや池袋など都心方面を望む豊かな眺望と採光に優れた南向き中心の住戸プラン。
ギャラリー 他の写真も見てみよう

※販売価格及び物件概要については、スマイティ 新築マンションの物件詳細ページ又は公式サイトをご参照ください。
※撮影したモデルルーム写真及び周辺施設等は、平成25年3月27日に現地、周辺環境で撮影したものとなっております。
※モデルルームの家具及び設備はオプションが含まれております。標準タイプ・オプションについては現地にてご確認ください。


モデルルーム レポート記事一覧