GW期間のお問い合わせについて - 【スマイティ】

筋交い

すじかい
筋交いとは、建物の構造を補強するために斜めに入れる部材です。
筋交いとは、建物の構造を補強するために、の間に斜めに入れる部材のことです。木造軸組工法などで、耐震性や耐風性を強めるために用いられます。
木造軸組工法や鉄骨構造のように、を基本として建物を支える構造では、で形づくる長方形によって点と線で建物を支えます。しかし、この長方形の接合部分に強度が十分でなければ、地震や強風などによって横からの力(水平力)受けたときに、長方形がひし形に変形してしまいます。そこで長方形の対角線に筋交いを入れて、水平力に対抗して変形を防止します。鉄骨造では「ブレース」と呼びます。
筋交いは、圧縮する力と引っ張る力に耐える役割があります。長方形に対して斜めに1本だけ筋交いを入れる場合を「シングル」、2本交差させるものを「ダブル」または「たすきがけ」と呼びますが、「たすきがけ」のほうが強度はあります。ただし、に十分な太さと強度がある場合や、2X4工法などで壁面全体で支える場合には、筋交いは不要になります。また、筋交いによる補強は、と強固に固定されていることが重要です。

頭文字から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
その他
英数字

kakaku.com不動産住宅情報サイト スマイティはカカクコムグループです。

不動産を探すなら、不動産住宅情報サイトのスマイティ!
全国にある賃貸物件、新築マンション、新築一戸建て、中古マンション、中古一戸建てを多数掲載。不動産の売却査定や引越しの見積もりまであなたの住まい探しをフルサポートします。